2018年09月18日

パソコンを捨てて東京オリンピックを応援する

R0082781-Edit

東京オリンピックのメダルに使うというパソコン回収をしました。
今の時代パソコンに限らず捨てるのが面倒なのでタダで回収してもらえるのは助かります。
ちょっと前までは怪しい廃品回収業者が空き地にちょくちょくありましたが、それと比べて怪しさはどのくらいなのかわかりませんが、サイトには色々書いてあるからそこまで怪しい感じはありません。
空き地にいた廃品回収業者もいなくなったら綺麗サッパリとゴミがなくなり元の空き地になっているので案外しっかりした業者なのかもしれませんが。
リサイクルして作る東京オリンピックのメダルは金と銅はなんとかなるそうですが、銀は足りないとか。確かに家電を回収したところで銀はほとんど回収できなそうです。では、どこから回収したらいいのかなぁと考えたら、フィルムくらいしか思いつきません。
フィルム縮小の前に”撮って応援!”とかやればよかったのに。オリンピックに乗っかって商売するのが難しいんでしょうね。
posted by gr-digital.net at 20:48 | Comment(0) | 日記 b_entry.gif

2018年09月13日

久しぶりに会津若松

R0082735-Edit

何年かぶりに会津若松に行きました。
変わらないような気もしますが、二郎が出来たし古臭い看板が無くなったような気がするし、映画館がなくなったような気もします。
それでも相変わらず猥雑というかごちゃごちゃしています。
城下町は基本的にくねくねしていて、道をそのままにしてガツンと直さなかったところは変な感じがありますが、新潟の城下町と比べても会津若松は猥雑です。
なんだかやたらと猥雑です。
地域性、県民性とかが影響しているのでしょうか?
新潟県が新潟州になったら会津辺りは福島県から奪い取ってもいいだろうと密かに思っていますが、明らかに新潟とは違う文化があります。
日本酒も新潟とは違う味のような気もするし不思議なものです。
新潟はタレカツ、会津若松はソースカツ丼。似ているようで全く異なります。蕎麦は違いがわかりませんが、蕎麦が好きな方にはこれも別物なんでしょうか。

posted by gr-digital.net at 22:47 | Comment(0) | 日記 b_entry.gif

2018年09月09日

使い回せるバッテリー

R0082651-Edit

災害時のモバイルバッテリーにマキタの電動工具用1860バッテリーを使うという提案

これを見てなるほどと思いました。インパクトドライバはちゃんとしたの欲しいなぁと調べたらDIY初心者は充電式よりもコードが付いたヤツのほうがいいとあり、それもそうだなと思い買うならそうしようと考えていました。
毎日使うなら毎日充電しますが、たまにしか使わないならコードのやつで十分だろうと。コードに足を引っ掛けてコケるとまずい変な所に登って使うわけでもないし。
でもこれを読んだら何かあった時の備えとして使えるバッテリーを複数用意することは悪くないと思いました。

ソニーのビデオカメラ用バッテリーもビデオカメラ以外で使えたりしますが、照明に使ったりスマホの充電に使ったりできないものでしょうか?
というか、デジカメのバッテリーを何か別の用途に使えたらいいのに。
カメラのボディに意味のわからないLEDを付けたものをペンタックスが販売していましたが、今回の災害でそれが照明として役に立っていたらバズっていたかもしれません。不謹慎な発想ですが。

単3なら使い回しも出来るでしょうが専用バッテリーになると使い回せないっていうのはつまらない。デジカメのバッテリーの種類がありすぎるのがどうなの?って話でもあります。
posted by gr-digital.net at 22:40 | Comment(0) | 日記 b_entry.gif

2018年09月02日

カメラは健全になる

R0082574-Edit
フルサイズのミラーレスが一気に増えそうです。
カメラの性能に比例して私が撮る写真が良くなるわけではないのでどうでもいいのですが、世の中にはカメラが良くなることで撮れなかった写真を撮る人が沢山います。
常に撮れる限界を求めているのかもしれませんし、カメラとの相性なのかもしれません。
フィルムからデジタルにほぼ置き換わったことで生まれた良いところでしょう。
フルサイズのミラーレスが増えることでますます見たことのない写真に触れることが出来ると思いますが、かといってフィルムでもスマホでも撮れる写真が出尽くしたわけではなくて、写真はゆく河の流れは絶えずが如くあるのでしょう。
カメラにあっては画質にこだわるのも正しいし、気軽に使えるのも正しい。よくわからない”味”が重視されるよりもずっと健全になるのかもしれません。
posted by gr-digital.net at 20:05 | Comment(0) | 日記 b_entry.gif

2018年08月28日

#人生を変えてくれたレンズ

R0082061-Edit

Twitterの#人生を変えてくれたレンズというハッシュタグが面白かったので数えてみました。

表示されたものを上から順に156ツイートほど数えてみた結果、単焦点が6割、ズームが4割でした。単焦点は標準レンズが一番人気で単焦点の中では半数、次は中望遠で単焦点の中では約1/4。ズームは望遠、標準、ズームの順で人気。望遠はズームの中では半数近く、標準ズームは約1/3でした。

単焦点の標準レンズの定義はいろいろあるかと思いますが、35mmから70mm未満としました。基本的に35mm換算でフォーサーズやマイクロフォーサーズの25mmはここに、ペンタックスのDA50mmは中望遠に、フルサイズ用の50mmだけどAPS-Cで使っているのかなぁ?というものはよくわからないので標準に分類しました。

ズームレンズはキットレンズが案外入っていて、単焦点も最初に買った単焦点だから、という理由の方がそこそこあった印象です。キットレンズを抜いても標準ズームが結構入っていたのは意外でした。使う機会が多く愛着があるからでしょうか。

レンズを選んだ理由は集計しませんでしたが、初めて使ったレンズ、長く使ったレンズ、撮るジャンルに特化したレンズ、という理由が多かったように思います。
GRDの頃はキャンデッドフォト文化みたいなアピールをしていましたが、特定のジャンルにハマる特化したカメラ、という売り方は上手かったのでしょう。逆にGXRのようにレンズを長く使えないと捉えられ上手くいかなかったのも納得できます。ただ、レンズを長く使えないというのはGXRに限らず他のレンズ一体型にも言えることなので、GXRの失敗は他にありそうですが。

ハッシュタグを見る限りでは、交換レンズは50mmの単焦点を安いのと高級なのと2種類出して、キットレンズに気合を入れて、望遠ズームを充実させれば十分なのかもしれません。ペンタックスの交換レンズはよく知らないので見てみたら、その辺は十分に揃っているように思えます。よくわからない標準ズームもあるし。あとはせいぜいフルサイズ用の安い50mmを新しくするくらいでしょうか。
posted by gr-digital.net at 20:46 | Comment(0) | 日記 b_entry.gif

2018年08月27日

A2は大きかった

R0082454

先日の写真展ではキタムラのポスタープリントをアルミ複合板に貼りました。アルミ複合板をプリントよりも少し小さいサイズに切っておき、ここにボンドのG17を塗って(無理やりヘラで伸ばして)貼り付けました。
前回はスプレーのりを使いましたが、余っているはずのスプレーのりが見当たらずボンドは沢山あったのでボンドを使いました。

ボンド G17スプレー ガス抜きキャップ 430ml #64027
コニシ(Konishi)
売り上げランキング: 5,067


スプレーのりと比べるとボンドの方が接着力があるので剥がれる心配はありません。一方でボンドは薄く伸ばすのが難しいので凹凸があり、プリント表面に響きます。
またA2と大きかったので空気も入りました。
それでも正面から見ると目立たなかったので素人としては上出来かなと思います。器用で慎重な方なら素人でももっと上手く出来るとは思いますが、自分ならこんなもんだろうと。

A2のような大きなサイズは一度試してみたかったのですが、今回やってみてもういいかなという感じ。もっとゴチャゴチャした感じの写真ならどんな感じになるんだろう?という試したい気持ちはありますが。
それよりもA4くらいのプリントで綺麗に仕上げたい気持ちの方が、今はあります。

DSC_7846-Edit

ちなみに、これが展示した4枚のうちの1枚。ニコンのデジタル一眼レフで撮りました。いずれは、その一眼レフもミラーレスに置き換えるのでしょう。発表されたニコンのミラーレスを使ってみるとどんな感じなのか興味はあります。ズームの写りがめちゃくちゃいいので、やっぱり大きなマウントの方が有利なんでしょう。
posted by gr-digital.net at 21:06 | Comment(0) | 日記 b_entry.gif