2016年09月03日

写美からトップミュージアム

R5069605-Edit
東京都写真美術館の改装が終わったそうです。改装が必要には見えませんでしたが、温度や湿度の管理を考えると必要だそうです。それをないがしろにして展示品を借りられないとなると元も子もないですから、必要なのでしょう。
改装に伴い略称が写美からトップミュージアムにかわりました。
略称変更についてはアサヒカメラかなにかに書いてありましたが、写美だと日本人以外にわかりにくいので、英語表記を元にした略称にしたそうです。
また、恵比寿駅側が正面になったそうです。いつも、なんであんな作りになっているのかなぁと不思議な構造でしたが、あれは裏口だったようです。
なんかのついでに行きたいと思います。新潟の天気が悪くなり青空が楽しめる冬がいいかなと思っています。
posted by gr-digital.net at 21:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 b_entry.gif

2016年09月01日

写真10年

G0073722-Edit

コニカミノルタがコニカミノルタプラザの運営終了のお知らせを告知しました。
コニカミノルタプラザ 運営終了のお知らせ
コニカミノルタがカメラ事業撤退から10年もの間、東京の一等地でギャラリーを運営してきたことは賞賛こそされ非難はないでしょう。
コニカミノルタはギャラリー運営だけでなく、フォトプレミオという写真賞を主催してきました。フォトプレミオをきっかけに注目された写真家も沢山います。大きな、注目されているギャラリーや写真賞が一つなくなるのですから、ここはチャンスだと捉えてデジカメメーカーが新しいものを作って欲しいところです。
若手の写真家を汲み上げてきた写真賞というと、名前は変わりましたがリクルートの「ひとつぼ展」、キヤノンの「写真新世紀」、コニカミノルタの「フォトプレミオ」の影響が強いと思います。その一つがなくなるのだから、新しい賞が生まれても不思議ではありません。

この10年で写真は日常的なものになりました。カメラはフィルムからデジカメ、さらにスマホに移り変わりました。そしてスマホを利用したInstagramなどアプリで写真を見せることが当たり前です。撮った写真を見せるというのは、10年前はためらいというか、恥ずかしさもありましたが、今ではそんなものはありません。
スマホにより写真を撮ることも見せることも気軽になりましたが、一方で大切な写真には変わらず価値があります。大切な写真をスマホではなく、場を使って見ることに改めて価値が生まれようとしています。写真の懐の深さ、奥深さはまだまだ底が見えません。
ギャラリーにはそれを見せる役割があります。
posted by gr-digital.net at 21:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 b_entry.gif

2016年08月29日

今月の雑誌

R5069751-Edit

少し前からドコモのdマガジンというのに入りました。月額400円(税別)で沢山の雑誌が見られるというものです。100誌とかそのくらいあったと思います。紙の雑誌と全く同じではなくてdマガジンでは見られないページなんかもありますし、雑誌のようにペラペラと見ることは(動作が重くて)出来ないのですが、結構満足しています。
週刊誌や月刊誌、とてもではないくらいの量を見ることが出来るのですが、それでもdマガジンで見られるのは本屋に並んでいる雑誌の数割程度。たぶん2割もありません。いったい紙の雑誌はどれだけあるのか?と思います。Amazonの読み放題も雑誌だけでも沢山登録されているようですが、読みたいと思うもので読み放題になっていないものがいくつもあるので、世の中には恐ろしいくらい沢山の雑誌があります。
本屋に並ぶ雑誌の一部ではありますが、それでも満足してしまうせいか本屋にあまり行かなくなった気がします。本を買う時には行くのですが、とりあえず、なんとなく本屋行ってみよう、というのが減りました。なので少し遅れてswitchを購入。今月はswichと美術手帖が写真の特集をしています。美術手帖は高いので買いません。
switchは若木健吾の特集で「写真家の現在」というタイトルが付いています。健在だった頃StudioVoiceが「写真集の現在」という特集を毎年やっていましたが、そのパクリでしょうか。パクリというよりも別の何かだと思います。
若木健吾がインタビュアーとなり過去に撮影した俳優に話しを聞くことで過去と現在を浮き上がらせるという内容。企画は上手くいったのではないでしょうか。面白いですし、なんとなくですが「写真家の現在」がわかるような気がします。
インタビューは俳優だけでなく写真家にも行っていて、荒木経惟、繰上和美、沢渡朔、倉田精二、石内都なんですが、繰上和美のプロフィールが1936年生まれとあり、まさかそんなわけないだろう誤植だろうと思い検索して確認したら本当に1936年生まれとあります。80歳にはとても見えません。
年齢のことはともかく、面白い内容でした。しかし、本屋にはあれだけ沢山の雑誌が並んでいて、面白いものが他にどれだけあるのかと考えると気が遠くなりそうです。それを知らずに毎週、毎月と出ているのに読まずに次々やり過ごしているのですから、もったいないなぁと思いますが、全部を読むこともできないし。こぼれる牛乳に涙を流してもはじまりませんので、読んだものくらい頭に少しでも残るようにしておきたい。

SWITCH Vol.34 No.9 若木信吾 写真家の現在
若木信吾 浅野忠信 オダギリジョー 瑛太 松田龍平 木村拓哉 小泉今日子
スイッチパブリッシング (2016-08-20)

posted by gr-digital.net at 21:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 b_entry.gif

2016年08月22日

七年一昔

R5069584-Edit

今年もグループ展を行うこととなりました。これまでは7人展でしたが、今年は場所も変え8人展へと進化しました。
いつものように告知ページを作ったのですが、手打ちのHTMLで作ったものを使いまわしているので、なんとも古臭く現代らしいものに変えたいのですが、面倒です。
今回は7回目ですが1年に1度なので7年目となります。7年前となるとスマホ対応なんて考えてもいなかったと思うの古臭いのも当然なのですが、7年前なんてちょっと前というような気もしますが、一昔前というのが実際のようです。
地方に住んでいると東京ほど新しいビルが建つわけでもなく街並みに変化がないような気もしますが、そこにある細かい部分はかなり変わっているようです。
そういうところが感じられる写真を展示できたらと思ったりしますが、そんな展示にはならない予定です。
7年も続くなら7年前の時点で7年後に展示したら面白いものを撮っておけばよかった、なんて思ったりします。寝かせることを前提に撮影して展示するのも面白そうですが、デジカメとネットで可能になった今撮ったものをすぐ見れる上に今見せられることが未だに面白いと思うしそこに写真の魅力があるのは間違いないのだけど、だけど古い写真は時間の経過とともに魅力が失われるわけではなく、古い写真、ちょっと前という気がするけれど実際にはだいぶ変わったことを実感でき時間を錯覚するような展示が出来たらと思うのですが随分力不足です。
なので、全然関係ないものになりそうです。
posted by gr-digital.net at 20:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 b_entry.gif

2016年08月16日

写真の管理をかえているところ

G0073736-Edit

ちょっと前の話になりますが、Windows10にするタイミングで一度まっさらにした事もあり、それまで使っていたPicasaが使えなくなりました。
使えなくなったのはWindows10のせいではなくて、グーグルがPicasaをやめちゃったせいです。軽いし使いやすくて好きだったので、それ以降は写真の管理がなんとも億劫です。今はソニーのPlayMemoriesというのを代わりに使っていますが、使うほどにPicasaの方がよかったなぁというのが本当のところです。
そんなこともあり、日常的にRAWで撮ってLRで管理するようにしようかなぁと思いはじめているところです。ラーメンの写真までRAW現像する必要あるのかなぁとか思ってしまうと億劫になってきますが、練習だと捉えればいいでしょうか。
posted by gr-digital.net at 22:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 b_entry.gif

2016年07月30日

最近の若者はGoProで撮るのが上手い

G0073488 (1)

Instagramを見ていたらGoProで撮った写真が沢山ありました。そういうタグを見つけて、そこから見たので沢山出てきただけで、どのくらい受け入れられているのかわかりませんが、GoProに関連するタグが色々あるので、色々と使われているのでしょう。GoProなんて色物で、スノボでくるくる回ったり出来る人のものだと思っていましたが、そうではないようです。
GoPro関連のタグを見ていると、スノボでくるくる回ったものは季節柄かありませんが、中々うまいこと使っています。アイデアがあって面白いものを撮っているというものもありますが、あの変な魚眼気味の超広角レンズを上手く操って撮っているのです。結構難しいと思うのですが、上手いこといっています。全部が全部、上手いこと撮っているわけではありませんが、上手く歪曲を活かしたものも多くあります。
センスの問題などもあると思いますが、なによりも、しっかりと寄って撮っているのがいいのでしょう。
例えば自撮りなら、自撮り棒を使わない限りは、手を伸ばして撮ることになりますから距離を取ろうにもそうはいきません。寄って撮る他ありません。寄って撮ることに慣れているのでしょう。昔なら三脚にセルフタイマーですが、レンズはせいぜい28mmでしょう。28mmで自分たちだけでなく後ろの様子も写そうと思ったら、ちょっと離れないといけません。その辺の感覚が違うような気がします。
コンパクトデジカメが売れませんが、望遠側ばっかり伸ばさずに超広角からのズームがあったら、もうちょっと踏ん張ったかもしれません。ミラーレスも売れなくなる前に安い魚眼風超広角レンズを出さないといけないでしょう。
posted by gr-digital.net at 23:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 b_entry.gif