2024年07月08日

ペンタックス17のレリーズはどうしてケーブルレリーズじゃないのか

R0010065

ペンタックスのハーフ判のフィルムカメラが発表されて、発売されたのか、そろそろ発売されたのかわかりませんが、正直そんなに作りたかったカメラがそれかよって気がしないでもありません。
見た目は人それぞれ好みがあると思うので置いておいて、10年後、20年後に壊れたら直せなさそうなカメラを今になって販売する意味がわかりません。
正直、もっとアナログなものを作るんだと思っていました。

アナログなやつが望まれていると思って販売したら思った以上に売れなかったニコンのFM3Aがあるのでしょうがないのかもしれませんが。
それにバルナックライカが今でも修理されて使えることを考えたら、壊れても直せそうな機会式カメラをいま出しても敵わないのかもしれません。

それは別として、つまらないと思ったのがケーブルレリーズ対応じゃないところ。
昔ながらの物理的なレリーズじゃなくて電子的なやつに対応しているのです。
物理的なレリーズにしろ、電子的なレリーズにしろ、使う方はほとんどいないと思うのですが、どうして電子的なレリーズに対応したのでしょうか。
レリーズには一切対応せずに少しでも安くするとか、どうせ使われないレリーズでも物理的なシャッターボタンにねじ込むアクセサリー類で遊べる余地を作るとか、選択肢は3つあると思いますがペンタックス17は一番意図がわからないものを選んだ印象です。
Bluetooth対応のレリーズが新規で発売するならわかりますが、そんなことはありません。
レリーズに関して、どこかのメディアが聞いて欲しいところです。

私はフィルムじゃなければダメって人間ではありませんが、フィルムはダメって人間でもありません。
フィルムで撮影される方、フィルムじゃなきゃダメって方にとって、このハーフ判カメラの発売によってフィルムで撮影できる状況がより長く持続するのであれば、それは素晴らしいことだと思います。
写真文化を支えるカメラメーカーの鑑と言えるでしょう。
それでも、仕様の意図は理解できません。

ただ、レリーズを使われる方はほとんどいないと思います。私がレリーズを使ったのは撮影した全体の0.1%もないはずです。
つまり、あまりにも些末な揚げ足取りです。
本当は私も使ってみたいのです。
新しいカメラ、使ったことがないカメラを使ったら、いつもとは違う写真が撮れるんじゃないか、令和の新フィルムカメラはそんな期待感を持たせるに十分じゃないかと思います。
posted by gr-digital.net at 21:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 b_entry.gif

2024年04月14日

折れた桜

R0009646

性格が曲がっているせいか、折れた桜の枝が好きです。写真の桜も枝が折れていて、それでも咲いています。
今シーズン、それほど雪が降らなかったのですが、12月に降った雪で近所の木は枝がかなり折れて、幹から倒れた桜も一つありました。
写真の桜もその時に枝が折れたものです。

新潟県民、特に新潟市民の雪が降らないという言葉は東京あたりの方は信じない方がいいのですが、せいぜい30センチくらいの雪なので本当に大した事のない雪だったのですが、タイミングかなにかのせいなのか、折れる時は折れてしまうようです。
折れても咲く時は咲くし、折れそうなのに折れない枝もあるし、世の中わからないものです。
posted by gr-digital.net at 20:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 b_entry.gif

2023年11月29日

はじめて四十肩になる

R0009228

ついに、四十肩をやってしまいました。
一昨日の朝、両手を上に上げて伸びをしたときになりました。
グキっと音がしたんじゃないかと思うくらいのグキ感があり、その瞬間から右肩から首が痛くなりました。
ただ肩は30分くらいで動くようになりました。
多少痛さはありますが、日常に不便はない程度。
一方で、首が痛い。
首の角度を30度から立てようとすると痛いくらい。足元から1m先を見れるくらい。
上半身を反らしてそのさきを見る必要がありました。
少し歩いていたら体が温まったのか、少しだけ首を立てられるようになりましたが座っているとまた痛くなります。
首が上がらないのでコーヒーカップの残りを飲み干すのが大変でした。
そして、寝るのが辛かった。
痛いせいなのか、まともに寝れません。
睡眠不足の翌日は首も多少は上がるようになり、ちょいちょい痛い程度でコーヒーカップに飲み残すこともなくなりました。
ただ気になることが一点。
検索すると、どうやら典型的な四十肩ではないようです。
ということは、これから先に典型的な四十肩が待ち構えている可能性が。
posted by gr-digital.net at 20:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 b_entry.gif

2023年08月29日

2023年8月雨が降らなかった新潟

7月19日に27.5mm、7月20日に1.5mmの降水量が記録され、8月28日の2mmまで降水量は記録されませんでした。
このまま、今年の8月の降水量は2mmになりそうです。
去年2022年8月の降水量は280.5mmで2021年8月は163.5mm、2020年8月は101.5mm。
ざっと見て8月の降水量が少なかったのは2010年の8月で39.0mm。
当時のことは全く覚えていませんが、ちゃんと降ったのは2日だけだったようです。
覚えていないので、たいしたことなかったのでしょう。

今年は記録的に雨が降らなかったのですが、忘れる前に写真と共に振り返ってみました。

R0008956
梅雨明け前の7月15日です。
今年はあまり傘を持って出ることが少ない気がします。冬の頃から。
ただ、そのせいで3回くら濡れました。

R0008998
8月7日の写真です。
たまたま万代橋を歩いていたらゲリラ豪雨みたいなのが見えました。
弥彦山が見えないので、その間に降ったと思われます。この雨雲は新潟市内へ向かっていましたが市内は降りませんでした。

R0009056
8月19日の写真です。
降水量が少なく、信濃川の水位が下がり海水が逆流しているとか。
信濃川が青く海っぽく見えるのはよくあるような気もします。

R0009087
8月26日に雨乞いをしてきました。
探すとなんでもあるものだと思いました。
写真はありませんが、その2日後、8月28日に降水量2mmを観測しました。
雨乞い成功です。
たった一度の成功に気をよくして、これからは雨乞い専門家になろうと思います。
よろしくお願いします。
posted by gr-digital.net at 19:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 b_entry.gif

2023年04月13日

僕が考えるモノクロ専用機の明確で最強なメリット

R0008804

R0008798

予告していたペンタックスのモノクロ専用機が発表されました。
モノクロしか興味がないって方は、これからも世の中に一定の割合で存在し続けるように思えるので、十分な需要はあるんじゃないでしょうか。

フィルムだとオルソとパンクロがありましたが、パンクロなんでしょう。
一口にパンクロと言っても感光特性は銘柄によってだいぶ違いがあり、写真工学だったか感光特性をグラフにして紙面に掲載していたような記憶があります。
というわけで、フィルム銘柄の感光特性を真似たカラーフィルターを付けたバリエーションとかあったら面白いと思いますが、流石に出ないでしょう。
モノクロ専用で、かつTri-Xっぽくしか撮れないデジカメとかロマンしかありませんが、フィルム銘柄毎にボディを揃えるユーザーがどれだけいるか。
少なくとも私には買えません。

ところで、ペンタックスには特定のレンズにだけ使える画像設定があります。
それを発展させ、特定のレンズと特定の光学フィルターを組み合わせた時にだけで使える画像設定でTri-X風になるとか、それなら実現できるのでは。
GRのワイコンみたいに、バヨネット式のフィルターとレンズの先端に接点付けて、フィルターとレンズの組み合わせをボディに伝えることも不可能ではないと妄想します。

この時代、後処理でどうにでもなりそうな気がするのに光学フィルターはかつてないほど盛況です。
接点はともかく、モノクロ専用デジカメ専用フィルターは出るでしょう。Tri-X再現とは言えないけど、それっぽいフィルターが。
出す予定がなければ出してください。
ちなみに私はTri-XよりTMAX400派です。フジの黒白はどうにも合わないのでコダックばかりでした。

買う気もないのに考えるだけで妄想が膨らむモノクロ専用機ですが、でも専用機のメリットってどれだけあるのかなぁと思ってしまいます。
最新のフルサイズミラーレスで撮影して後処理したものに対して、APS-Cのモノクロ専用機を使うメリットはどれほどでしょう。
明確なメリットはモノクロしか撮らない、退路を断つそんな覚悟でしょうか。

何がメリットなのかは人それぞれなので置いておいて、メリットがなければ商品化しないでしょう。
人それぞれではありますが、それでも私が考えるメリットを一つ、そしてそれは間違いなく確実に一つだけあるメリットを最後に挙げます。
モノクロ専用機の一番のメリットは気になる・使ってみたい、そこです。
posted by gr-digital.net at 22:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 b_entry.gif

2023年04月08日

もう八重桜が咲いている

R0008753
今年の桜は満開から5日も持ちませんでした。
あっという間に散ってしまいました。
そして、もう八重桜が咲き始めました。
いつもなら5月の連休が始まる前くらいに咲くので、3週間くらい早く咲き始めました。
染井吉野が4月はじめに咲くのはなんとなく受け入れられますが、八重桜がこんなに早く咲くのはちょっと信じられません。
写真を撮る前は恐らくそんなことは考えたことがなくて、花の名前なんて桜と梅と木蓮とチューリップとクロッカスと紫陽花と朝顔くらいしか知らなかったのに、写真を撮るようになってもう少し花の名前を覚えて咲く時期を覚えました。
それが何か役に立ったわけではありませんが、役に立たないものを積み重ねるらいが世の中丁度いいのでしょう。
posted by gr-digital.net at 22:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 b_entry.gif