2015年11月21日

報道写真への需要

G0071032

ロイターがフリーのカメラマンに対してRAWからの現像禁止、JPGをさっさとよこせと通達したそうです。
過剰なレタッチは駄目、ということなんだと思います。
この辺は報道写真に限らず、写真コンテストでもどこまでが認められる現像で、どこからが認められない加工なのか、という問題があります。
今のところ、合成やあったはずのものを消しちゃうものは加工で駄目、HDRや明瞭度やホワイトバランス、色かぶり補正は現像の範囲で問題なし、という感じでしょうか。
しかし、今回のロイターの決定はHDRや明瞭度の調整もやらない、部分的な補正も駄目、というところに踏み込んだ感があります。
報道写真と写真コントストとは違うので、ロイターの方針が報道写真以外にも影響を与えるとは思えませんが、ドキュメンタリー調の写真は今後変化するかもしれません。
さて、カメラ側もこれに対応するのではないかと思います。
先日、開発が発表されたニコンのD5もGPSを搭載して、位置情報と時間を正確に写真と紐付けるようになるのではないでしょうか。
20日に発売したカメラ雑誌、月刊カメラマンの特集ではペンタックスK-3IIはGPSをペンタ部分に入れたことで非常に正確にトレースが可能になったと書かれていました。
この技術はフルサイズにも継承されるでしょう。
そして、もしかしたら報道写真にも有効かもしれません。撮影した場所を偽ることができないようにするために。
そのためにはD5よりも早く発売しないといけませんね。
posted by gr-digital.net at 19:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 b_entry.gif

2015年11月19日

まだまだ遠い春

G0070923

そろそろ冬の気配がしてきて、次第に天気の悪い日が多くなってきました。
裏日本特有の天気の悪い冬の空は嫌いではないのですが、週に一度くらいはすっかりと晴れた日があると洗濯も捗るのですが、今年の冬はどうなのでしょうか。
さて、ニコンがD5の開発を発表しましたが、ペンタックスのフルサイズとどちらが早く販売されるのでしょうか?
D5は年度内、3月までに発売されるとの見方があります。一方ペンタックスのフルサイズも春には発売するそうですが、元々は年内に発売されるはずでした。
ペンタックス、リコーイメージングは余裕をぶっこいて発売を遅らせているわけではないと思いますが、いい加減もうそろそろケツに火が付いてもいいと思います。
ケツに火が付いて既に火の車になっているのなら、風呂敷を広げずに出来ることから確実にこなす方がいいんじゃないでしょうか?
頑張っているとは思いますが、その頑張りが伝わりにくいやり方には疑問を持ちます。
posted by gr-digital.net at 23:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 b_entry.gif

2015年11月14日

紅葉とイデオロギー

G0071006

R5068698

その辺でイチョウを撮ったら、もっと紅葉を撮ろうと思って、わざわざ紅葉が綺麗なところまで行って撮ってきました。
こういう名所みたいなところは、撮っているのか撮らせれているのかわからなくなりますが、撮らせれているとしても人それぞれ違うものを撮っているはずで、面白いものです。
カメラを通して写真にすることで、見方や感じ方を現すことが出来るのは素晴らしいことだと思います。善とか悪とか、優れているとか劣っているではなくて、違いとして受け入れるというのは難しいことですが、大切だと思います。
posted by gr-digital.net at 22:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 b_entry.gif