2016年07月30日

最近の若者はGoProで撮るのが上手い

G0073488 (1)

Instagramを見ていたらGoProで撮った写真が沢山ありました。そういうタグを見つけて、そこから見たので沢山出てきただけで、どのくらい受け入れられているのかわかりませんが、GoProに関連するタグが色々あるので、色々と使われているのでしょう。GoProなんて色物で、スノボでくるくる回ったり出来る人のものだと思っていましたが、そうではないようです。
GoPro関連のタグを見ていると、スノボでくるくる回ったものは季節柄かありませんが、中々うまいこと使っています。アイデアがあって面白いものを撮っているというものもありますが、あの変な魚眼気味の超広角レンズを上手く操って撮っているのです。結構難しいと思うのですが、上手いこといっています。全部が全部、上手いこと撮っているわけではありませんが、上手く歪曲を活かしたものも多くあります。
センスの問題などもあると思いますが、なによりも、しっかりと寄って撮っているのがいいのでしょう。
例えば自撮りなら、自撮り棒を使わない限りは、手を伸ばして撮ることになりますから距離を取ろうにもそうはいきません。寄って撮る他ありません。寄って撮ることに慣れているのでしょう。昔なら三脚にセルフタイマーですが、レンズはせいぜい28mmでしょう。28mmで自分たちだけでなく後ろの様子も写そうと思ったら、ちょっと離れないといけません。その辺の感覚が違うような気がします。
コンパクトデジカメが売れませんが、望遠側ばっかり伸ばさずに超広角からのズームがあったら、もうちょっと踏ん張ったかもしれません。ミラーレスも売れなくなる前に安い魚眼風超広角レンズを出さないといけないでしょう。
posted by gr-digital.net at 23:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 b_entry.gif