2016年12月26日

今年の空

G0075063
なかなか降らないと思った雪が1週間くらい前に降って、さっさと消えてしまいました。
今年12月の新潟の天気はなんだかいつもの2月末くらいのような感じで、冬から春への変化を期待させるようなものでした。
12月になり次第に厚くなった雲が1月でどっしりとしてきて2月のはじめ頃はずっしりとして、2月の終わり頃にはそれが薄くなり3月になると雲も軽くなるのが例年で、今年は最初から厚くならなそうな雲です。
このまま春になってくれたらと思うのですが、たいていはそんなこともなくちゃんと冬になります。
むしろ、こんな年の方が積もるような気がします。
カメムシが沢山いると雪が沢山降るなんて言われていますが、11月に数年ぶりにカメムシを見つけたので今シーズンは降るのでしょう。既に北海道では結構降っているようですし。
posted by gr-digital.net at 21:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 b_entry.gif

2016年12月21日

ライカというカメラ

G0075078-Edit

swichがアラーキー特集でした。Last by Leicaというタイトルで、アラーキーがライカで撮った写真特集です。RAT HOLEが出来た頃、Love by Leicaという名前で展示しましたが、それをもじったものでしょうか。
このようにしてカメラメーカー名が使われるのはライカが最後なのかもしれません。ローライやハッセルブラッドも同じように使われてもよさそうですが、フィルムからデジタルになりローライの名前は埋もれ、ハッセルブラッドは雲の上の存在に。
ニコンやキヤノンが同じように使われるかというと、ライカのような特別な存在という感じはありません。
現在のライカはレンジファインダーだけでなく一眼レフもミラーレスもレンズ一体型もやっていますが、こういう風に使われるライカはほぼレンジファインダーのライカを指します。一眼レフに負けずに続けてきたボーナスのようなものでしょうか。
この先デジタル化が進むほどにミラーレスが優勢になり一眼レフは過去のものになり、最後まで一眼レフを続けたニコンかキヤノンかペンタックスがライカのように使われるのかもしれません。
スマホに押され青息吐息のコンパクトデジカメも最後まで続けていればライカのようなネームバリューを獲得することも夢ではないのかもしれません。
我らのGRも頑張って欲しいところですが、来年からトヨタがハイパフォーマンスモデルにGRという銘を付けるそうで、GRというとカメラじゃなくて車になってしまわないか心配です。

SWITCH Vol.35 No.1 荒木経惟 ラストバイライカ

スイッチパブリッシング (2016-12-20)



posted by gr-digital.net at 22:46 | Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 b_entry.gif

2016年12月13日

路上にて

G0074894-Edit

1週間くらい前に今年最後の晴天かと思いましたが、その後もちょくちょく晴天に。12月の新潟のくせに。
晴天といっても1日ずっと晴れているわけではなく、いつの間にか雲が出て何か降ってきます。何かといってもほとんど雨で雪はまだです。もうそろそろ一度積もってもよさそうな頃ですが、降りそうなそうでもないような。

さて、最後の晴天かと思った日に注文したIMAはすぐに届いていました。何号か前にリニューアルして、その際に本を大きくしたそうで、入れるカバンを選ぶサイズになりました。
私は大きいカバンが好きなので入りますが、小さいカバンが好きな人は入らないかもしれません。といっても女性ファッション誌はあんなに大きいのに、女性が持つカバンはそれほど大きくないことを考えると、カバンに雑誌を入れて持ち歩く人は多くないのでしょう。

雑誌の冒頭はダイアン・アーバスの初期のスナップで、ダイアン・アーバスだと言われればそう見えるし、なんだかダイアン・アーバスよりも少し前の時代の写真にも見え、なかなか不思議な感じです。ダイアンアーバスっぽく見えるのは、そういうのを選んでいるのだと思いますが、少し前の時代に見えるというのは、単純に私が時系列で写真を並べて見たことがないので勘違いしているのかもしれません。有名な写真を時系列で並べて見る機会があればいいのに。

ストリート写真の特集では作家の写真とインタビューをセットにして何組かあるのですが、インタビューは基本的に同じ質問なので作家毎の考え方の違い、取り組み方の違いが明確で、面白いです。色々なストリートスナップがあるもので、まだまだ面白いジャンルであることが確認できました。未だに路上は面白いです。
posted by gr-digital.net at 22:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 b_entry.gif

2016年12月05日

今が手に入らないこの地方の片隅

G0074956-Edit

昨日は今年最後の晴天かと思うくらいで2016年もあと少しになりました。
IMAがストリートスナップ特集ということで売っていそうなところを回ったのですが、どこにもなく結局Amazonで。
IMAは定期購読をやめてしまったので、いざ欲しいと思っても手に入れるのが面倒になりました。この辺は地方のつらいところです。
10年前に新潟に戻ってきた時は、本やら映画やら地方では疎くなると思っていましたが、年を取ったせいか疎くなるというほどではありませんでした。美術館とか、そういうのは疎くなりましたが。
それでも地方には地方なりに色々とやっているので、大きい美術館ではやらないようなものを見る機会はそれなりにあります。なので、それなりに楽しめています。


posted by gr-digital.net at 21:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 b_entry.gif