2017年12月30日

デジカメ界2017年のニュース

G0079502-Edit

今年のデジカメ界のニュースといえば、GRシリーズがついに2年縛りをやめたことでしょう。もしかしたらD850 かα9かもしれませんがどちらも手にすることはなさそうなので私には全く関係のない話しです。
携帯電話の2年縛りとGRシリーズの2年縛りとどちらが長いのかわかりませんが、2年は色々と都合がいいのでしょうか。
携帯電話はガラケーからスマホにかわり、iPhoneの例のニュースが象徴するように製品のライフサイクルは短くなったと思いますが、デジカメの方はむしろ長くなったかもしれません。
600万画素から800万画素、1000万画素、1200万画素くらいまではどんどん進んだような気がしますが、1600万画素の頃からフルサイズも珍しくなくなり、その影響なのかAPS-Cは足踏みをしているような印象があります。実際、GRは4年間1600万画素です。
それでもGRはGR2になりましたが、2年縛りはやめてGR3はまだ出てきていません。
2年と数ヶ月の沈黙を破りGR3の登場が2018年最大のニュースにならんことを祈念して新年を迎えます。
posted by gr-digital.net at 22:05 | Comment(0) | 日記 b_entry.gif

2017年12月20日

GR3はちゃんと出そう

G0079515-Edit

カメラ雑誌が一斉に発売になりましたが、日本カメラに各社の今後の展望みたいな記事がありました。我らがリコーイメージングも当然誌面が割かれていましたが、GRのことがしっかりと書かれていました。
間違いなく来年にはGR3が出ることでしょう。
読んだ感じだと、GR3ではインターフェイスが随分変わるんじゃないかなぁという気がしました。初代GRDから引き継ぎ下位互換のようなところがあるので刷新する可能性は高い、というか変えた方がいいんじゃないかと思います。
変えるとどうしても使いにくくなったと言われると思いますが、慣れるでしょう。
あと、GRが実質4年続いているみたいな発言があり自覚あるのかよと思ってしまいました。

日本カメラ 2018年 01 月号 [雑誌]

日本カメラ社 (2017-12-20)

posted by gr-digital.net at 20:14 | Comment(0) | 日記 b_entry.gif

2017年12月16日

雪の山手線

G0079447-Edit
山手線に雪が降ったわけでなく新潟で作られて試運転に出てきたのに雪が積もったところです。今ではその雪もさっぱり消えてしまいました。
それにしても、この電車は下の方がずいぶんスッキリしているように見えます。新潟を走っている新しい電車はもうちょっと何かくっついているような気がします。
山手線は満員になっても遅くならないように軽量化されているのでしょうか?
posted by gr-digital.net at 21:59 | Comment(0) | 日記 b_entry.gif

2017年12月11日

新潟の冬

G0079430-Edit

新潟の冬は基本的に空を雲が覆って太陽は見えません。とりあえず雨か雪が降ります。12月から2月、1日中青空が続く日は月に2〜3日あるかどうかでしょう。
嫌ですが嫌いでもありません。
天気が悪い日が続くので気まぐれなのかたまに陽が射すと射す光には肯定的な感情ばかりです。
posted by gr-digital.net at 23:05 | Comment(0) | 日記 b_entry.gif

2017年12月07日

昨日も今日も明日も何か降っている

G0079431-Edit

どかっと雪が降ると翌日あたりは景気良く晴れる気がします。淡々と雪が降ると晴れない気がします。
昨日はどかっと雪が降ったので今日は晴れました。晴れましたが、夜になって雨が降りました。つまり、昨日も今日も何か降っています。
たぶん、明日も何か降ってきます。何かといっても雨か雪の二択ですが。
posted by gr-digital.net at 21:14 | Comment(0) | 日記 b_entry.gif

2017年12月03日

スーパームーン

G0079391-Edit
スーパームーンという言葉がいつの間にか定着したような気がします。いつ頃から使われていたのでしょう?昔からあったけど気にしていなかっただけでしょうか。
それにしても、今日の月は怖いくらいに明るかった。
posted by gr-digital.net at 22:38 | Comment(0) | 日記 b_entry.gif

2017年12月01日

ぼくは忖度が読めない

G0079341-Edit

忖度は読めなかったし意味も知りませんでした。忖度と同じ意味でもっと知名度のある言葉もあるんじゃないかと思いますが、どうして忖度が使われどこから忖度が使われるようになったのでしょうか。
忖度という言葉に縁がないせいかしばらくは読めなかったのであの字を見たらスーザン・ソンタグを思い出すようにして、なんとか読めるようになりました。

反解釈 (ちくま学芸文庫)
スーザン ソンタグ
筑摩書房
売り上げランキング: 87,054

posted by gr-digital.net at 20:23 | Comment(0) | 日記 b_entry.gif