2021年12月03日

K-IIIモノクローム

R0006839-2

K-III MarkIIIモノクロ専用機が話題になっているのか、思っているよりも話題になっていないのか。

https://twitter.com/tenmonReflexion/status/1464495476686786563

なんでGRシリーズじゃなくてK-IIIなのかって疑問はないわけじゃないのですが、モノクロ専用機が出るのであれば一眼レフで出た方が面白いと思います。

ミラーレスとかGRみたいなコンパクトデジカメだとモノクロの画面を見て撮影するわけで、それって使っていてあんまり面白くないんじゃないのかなと思うのです。
フィルムカメラ時代には当たり前だった撮影時と出来あがった写真を見た時のギャップによる驚き、逆に一致した時の喜び、そういったものをデジタルでも得ようとすると光学ファインダー+モノクロ専用ってのはアリでしょう。

ミラーレスの進化の方向はとにかくいい映像を残す方向であって、使って楽しいカメラというのではなく、それはともすれば昨今のマウントの取り合いに巻き込まれ、カメラから離れてしまう原因になりかねない。
それよりも、出来ることを割り切ってゆるい方向の中で自分が楽しめればそれでいいじゃないかと宣言出来るカメラであろうと、そういうことでしょう。
しらんけど。

一眼レフならCMOSじゃなくてCCDの採用を、とか思うのですが作ってくれるところもないのでしょう。
古いCCDでも今のCMOSよりもいい色が出ていると思います。
シグマも出来るのかわからないフルサイズのフォビオンは諦めてCCDをやればいいのでは?なんて思ってしまいます。


posted by gr-digital.net at 20:34 | Comment(0) | 日記 b_entry.gif