2008年12月28日

写真を見せる

R0173354
新書の「写真を愉しむ」というのを読みました。
タイトルの通り写真を愉しむために見る、読む、撮る、集める楽しみを写真評論家の飯沢耕太郎があれやこれやと説明している本で、新書のせいかわかりやすいというか、読みやすい本でした。
なるほどなぁと思ったりしますが、写真の愉しみはそれだけじゃありません。
カメラの愉しみとか、写真を見せる愉しみがあるのではないかと思います。
写真を見せることに関しては「ポートフォリオをまとめる」というセクションがあるのですが、ポートフォリオは開かれたものではありません。
昨日、yoshipassの三人展を拝見したので、そんな風に思ったのかもしれません。
アラーキーの写真への旅で回覧板に写真を貼って写真展をしろ(した?)と書いていたと思うのですが、写真を見せるという視点が私には乏しいようで、そこまで大胆なことはできませんが、なんかしらで写真を見せることを考えたいなぁと思いました。
写真への旅 (光文社文庫)
荒木 経惟
光文社
売り上げランキング: 140534

posted by gr-digital.net at 10:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 b_entry.gif
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック