2009年09月24日

やっぱりサイズ

R3013633
ライカがこんなにもすぐにM9でフルサイズにするとは、正直びっくりしました。
今月のアサヒカメラにはマウントから見える撮像素子をM8とM9で並べていましたが、それを見てライカ判ってのは大きいんだなぁと改めて思いました。
フルサイズはマウント側からギリギリ見えるくらいのサイズです。
フィルムでは時々4x5でも撮るのですが、それと比べるとライカ判はちっさいなぁと思いますが、デジタルではわずかな差でも大きく感じられます。
M型のライカでフルサイズができるのだから今のGRD程度のサイズでAPS-Cだって不可能じゃないのでは?なんて思いますね。
DP1やDP2、マイクロフォーサーズも小さくできていますが、レンズが大きい。
どうしたらレンズも小さくなるんでしょうかね。
レンズも含めAPS-Cでも今のコンパクトデジカメくらいのサイズになる日もくるのでしょうか?
撮像素子がでかけりゃいいと思っているわけではないのですが、大きいのはその良さもあるわけで。
posted by gr-digital.net at 19:23 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 b_entry.gif
この記事へのコメント
お、いい写真(^^)
知らなんだ・・・!
Posted by Yoshi-A at 2009年09月25日 00:48
カメラに写った写真がいい表情を引き出しているのでしょう
Posted by gr-digital.net at 2009年09月27日 09:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/128755174