2010年06月01日

現像ソフトを考える

R3029044
CX3とGXR用カメラユニットのP10の違いの一つがRAWで撮影できること。
私はもう長いことRAWで撮っていませんが、この機会にRAW現像も行おうかと思い、30日間試用できるCapture Oneをインストールしました。
なぜCapture Oneかというと、
・リコーが採用しているDNG形式に対応している他、各メーカーにも対応していること
・案外安い(PROじゃない方は12800円)
・意外と評判がいい
・なんとなくカッコいい
この辺にあります。

Capture Oneの他にも各メーカーのRAWに対応して比較的安いSILKYPIXもありますが、あまり好かないのです。
クセが強いイメージがあるのです。
ニコンのCapture NX2がDNG対応していたらと思うのですが、していません。全くのニコン専用です。
Capture NX2はフォトショップのプラグインの値段を考えたら割安だし、TIFF・JPGのレタッチ用としてはいいかもしれませんが、RAW現像に限れば使い回しできないのが痛い。

ソフトについてアレコレ考えてもRAWで撮らなきゃ意味ないわけで、RAWで撮るっていうのが色々と億劫に感じる私には、そこから変えていく必要があります。
posted by gr-digital.net at 22:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 b_entry.gif
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/151828556