2010年09月25日

リコーとニコン

R5042056
デジカメwatchのニコンフェローの後藤哲朗氏に訊くというインタビュー記事の中でGRDがでてきました。

もっとも、リコーのGR DIGITALに対抗する製品を作るならばどうするべきか、という考えは私の中にはあります。すぐにニコンから発売されることはありませんが、うまく行ったなら(後藤研究室の成果が製品に反映されるのであれば)発売されるかもしれません。

この言葉の前には

画質や使いやすさに工夫を凝らし、メカ設計の面では取捨選択が重要になります。画質を重視するなら諦めなければならないこともある。

と言っています。
GRDの場合は単焦点レンズにすることで画質を重視して撮像素子を小さいものにして全体をコンパクトにし、汎用性を諦め大きな撮像素子を諦めていると言えます。
諦めたものと引換にコンパクトで開放から周辺までシャープな像を結ぶカメラになっています。使いやすさもかなり工夫されています。
リコーの場合、GRDで諦めた部分はGXRに託し、GXRで諦めた部分はGRDにゆずるという感じでしょうか。
ニコンは一眼レフで諦めた部分を新しいものに託し、新しいものは一眼レフを侵さない、ようなものを準備しているのでしょうか?
posted by gr-digital.net at 22:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 b_entry.gif
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック