2010年09月29日

映像から考える

R5042116
価格.comの掲示板で、レンズマウントユニットの映像からマウントを類推するスレがありました。
レンズマウントユニットの映像
映像を見るとレンズ脱着のボタンが無いし接点もないから、Lマウントかもしれない!と私は思いました。
Lマウントでレンズを出していたといっても、さすがにLマウントはないでしょう。
映像を見るとマウントの内側はデコボコしているようなのでスクリューじゃなくバヨネットに見えます。
脱着ボタンが無いバヨネットマウントがあるか知らないのですが、スピゴットマウントならあります。
スピゴットマウントはボディ側かレンズ側についたリングをまわして固定するので脱着ボタンがないものもあります。
ということでスピゴットマウントで何か適当なのがあるかというとコンタックスGがあります。
コンタックスGもよく知らないのですが、レンズを固定するピンを解除するボタンがあるようなので、やっぱり違うようです。
ところでMマウントはバヨネットの爪が4つでマイクフォローサーズは爪が3つ。
ぼやけた映像と実際のマウント2つを見比べるとMマウントに近いように見えるし、マイクロフォーサーズに似ているようにも見えます。
この2つよりも、Kマウントが一番近いように見えます。
でも脱着ボタンがないから映像から考えたらLマウントでしょう!
posted by gr-digital.net at 22:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | GXR b_entry.gif
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック