2011年01月19日

圧勝される

RIMG6008
photo of the dayにてオリンパスのXZ-1を取り上げていました。
気になるのは
 で、ですよ、そのGR-D IIIのF1.9単焦点レンズと、XZ-1のズームの広角側で撮り比べたわけですよ。同じ撮影条件で同じ被写体を28mm相当の画角で。そうしたら、こと解像描写力についてはXZ-1が“圧勝”でした。

なんとGRD3を解像で上回ると。
画素数がほぼ同じですので、やはり”圧勝”の要因はレンズが大きいのでしょうか?
最近のオリンパスはマイクロフォーサーズなど非常に解像するとのことなので、画像処理が得意なのか解像させるのが得意なのかもしれません。
解像性能が上がればよい写真が撮れるわけでも、よい写真になるわけでもありませんが、解像しないよりは解像する方がいいかと思います。
それにしてもリコー贔屓の田中氏がGRD3を圧勝した、と言うとは。
GRD4は解像性能が上がるからか?なんて思ったりしちゃいますが、どうなんでしょうかね。
画素数が上がる、なんてのも私は有りだと思います。
posted by gr-digital.net at 22:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 b_entry.gif
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック