2011年04月26日

bleach bypass

R3038830
銀残しを英語ではbleach bypassというそうです。
GR BLOGに書いてありました
銀残しっていうと最近は相棒のスペシャルでそれっぽい感じが一部使われてるような気がしますが、本場の映画では最近みないような。
ウィキペディアでは
『おとうと』(市川崑監督作品)で、初めて実用化された
とあります。
幸田文のおとうとを映画化したやつですが、これ凄くよい映画です。
銀残しですが、デジカメだとペンタックスが銀残しのエフェクトを搭載しました。
リコーのシーンモードにはまだありませんが、個別色設定とWB調整を工夫することで十分なエフェクトが行えます。
というか、それが記事でわかりました。
記事を見る限りではユニットが変わっても雰囲気は変わらないというのも、結構すごい事なんじゃないかと思います。
というのも、デジカメを複数台使用した時、色が揃わないのが当たり前だと思うから。

この夏のグループ展では去年と同様に白黒の予定ですが、白黒にするのは色を揃える技術がないという理由もあります。
展示の構想を練ると複数のカメラを使用することになってくるので、カラーだと色を揃えることが私にはムリなので白黒になるのです。
ということで、GXRでシフトができたらカラーもできるのになぁと思ったりしますが、難しいでしょうね。
posted by gr-digital.net at 21:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 b_entry.gif
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック