2011年09月11日

GXRにNOKTON classic 40mm F1.4

R5051438

R5051355

Mマウントユニットにノクトン40mmを付けて撮りました。
フィルムカメラ用に以前買ったものですが、あまり使っていませんでした。
その理由の一つは40mm。
ファインダーに50mmのブライトフレームがでるのが気に入らない。
35mmのフレームだとばっかり思っていたので、余計に。
もう一つはボケが汚いこと。
開放はゆるくて絞るとビシッとなるレンズなので、ボケが汚いのはしょうがないのですが、最近のレンズと比べると気になります。
などがあり、あまり使っていませんでした。
で、売ってMマウントユニット用資金にしようかと思いましたが、売るならMマウントユニットで使ってみてからでもいいか、と思い使ってみたわけです。
上の写真2枚ともに開放で撮りました。
撮ってみたら開放でもちゃんと写っています。
フィルムで撮った時の感じと少し違います。
フィルムで開放で撮った時の悪いイメージとはだいぶ違います。
ボケが綺麗とは言えなくても、そんなにボケが汚いというほどでもありません。

R5051461
これも開放。

絞っていくとf2.8でだいたいボヤボヤ感じがなくなり、f4でボヤボヤは無くなります。
f5.6、f8まで絞ると画面全体がシャープになり、コントラストもばっちりに。

R5051351
上のがf8かf6.3だったと思います。

良くないと思うのは、f4くらいの時に周辺にピントが合いにくいこと。
たぶん像面湾曲だと思うのですが、私の好きな外壁なんかはきっちりと絞らないとよくありません。
好みですが、色が渋いこと。
古いレンズを意識して設計したレンズということなので、この辺は欠点というよりは魅力と捉えることが出来る人向きかもしれません。
売り払う予定でしたが、もう少し使ってみて決めたいと思います。

COSINA NOKTON classic 40mm F1.4 131507
COSINA
売り上げランキング: 57552
posted by gr-digital.net at 20:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | GXR b_entry.gif
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック