2006年09月04日

ライティング

R0130834
フォトグラフィカという雑誌があります。
最新号にはHITORIGOTOの小澤さんが載っているあれです。
この雑誌は新しいのが出たら買うことにしています。
なんで買うのかっていうと他の写真・カメラ雑誌と比べて異質だからです。
どの辺がかというとシズル感だとかスタジオ撮影ライティングテクニックだとかの記事があるところが。
ライティングなんてまるで関係ない写真を撮っているのですが、野次馬根性というのでしょうか舞台裏を見るのは興味深いものです。
そのフォトグラフィカを見ているとライティングを考えてモノを撮るのは面白そうだなぁなんて思って時々デスクライトを1つ使って撮ってみたりしてます。
でも思ったようなものは中々撮る事ができず、上のも思ったよに撮れなかった1枚。
何を写したのかというと大好きなラム。
ラムっていうとモヒートとかダイキリとか夏っぽい感じですが、自分は1年を通して飲んでいます。
戻り鰹にラム、秋刀魚の塩焼きにラム、湯豆腐にラム、蕗の薹にラム、菜の花のおひたしにも、鯵にもラム。
と一年を通して美味しいラムを撮りました。
posted by gr-digital.net at 20:33 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 b_entry.gif
この記事へのコメント
こんばんわ初めまして!昨日の海辺ショットの屋根のトーンが大好きなのでコメント残させていただきました。今後ともよろしくお願いします!
Posted by syasinaniki at 2006年09月04日 22:31
フォトグラフィカ、内容面白いですよね。
まさにMDNな感じで、クリエイターよりな内容です。
ワタナベアニさんの連載も好きです。
今月からロンドン在住の知り合い、HirokoOharaさんの連載が始まりました。
ライティングは難しいですが、うまくいくと面白いですよ。
Posted by blackeyes at 2006年09月05日 05:31
はじめましてsyasinanikiさん。
屋根のトーンとは意外でした。
写真を見てもらうと自分では思ってもいなかったような見方があることがわかって面白いですね。
blackeyesさんみたいにバッシっとライティングをキメテ撮れるようになりたいです。
Posted by gr-digital.net at 2006年09月07日 23:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック