2012年12月21日

2013年のデジカメ

R0021431
デジタルカメラマガジンで各社2013年の展望みたいな記事がありました。
ペンタックスリコーはリコーとしてデジカメを出す、ということが明言されていました。
本誌試読版PDF
そりゃ、1つくらい出してもらわないと困ります。
これまでのペースで行くなら2013年はGRDの更新があるから。
でも、内容的にはGRDではない別のリコーらしいデジカメ、という感じでした。
では、いったいどんなデジカメでしょうか?
普通に考えたらレンズ一体型のコンパクトデジカメでしょう。
であれば、CX6後継かGX200後継では。
CXシリーズはコンパクトデジカメの中では割りと売れている方じゃないかなぁと思っていたのですが、CX6の次が発売されないことを考えると、そうでもなかったのかも。
でも、高倍率ズームはスマホとの差別化においてわかりやすいので、無くならない気がしていますが。
本命は(S10後継じゃなくて)GX200後継でしょうか。
しかし、これを出すとなるとGXRを切り捨てる感が明確になるのと、恐らくCP+で発表されるであろうQの上位機とかぶります。
コンパクトデジカメが売れない!なんて記事を見かけますが、各社高級コンパクトデジカメって呼ばれるようなジャンルはちゃんと出しているのでニーズはあるだろうし、リコーが盛り上げたジャンルだけにGX200後継はあってもいい気がしますが、最初に書いたように出しにくいかもしれません。
もしかしたら、まったくこれまでに無かったものが出てくるかもしれません。
可能性は低いと思いますが。
例えば広角ズームのレンズ一体型とか。
換算15-30mmとか、換算17-35mmとかどうでしょう。
たぶん、Q用の超広角ズームは精度の面で難しいと思うので交換レンズとしては出ないでしょう。
であれば、レンズ一体型で。
もしくは、換算50mmのGRD。
GRDのようにさっと撮れる換算50mmなんていいんじゃないかと思うのです。
あとは要望が多そうな大きめの撮像素子を使ったレンズ一体型でしょうか。
もう何でもいいので早く正式な発表をして安心させてもらえたら、と思います。

デジタルカメラマガジン 2013年1月号

インプレスジャパン (2012-12-19)

posted by gr-digital.net at 21:27 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 b_entry.gif
この記事へのコメント
ありがとうございます
Posted by 希望的田野 at 2013年01月24日 18:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック