2014年09月30日

「GR certified」?

G0024207

リコーが何か変なことを始めました。
リコーイメージング株式会社は9月30日、スマートフォンなどモバイル機器開発メーカーを対象とする「GR certified」プログラムの開始したと発表した。搭載カメラの画質を評価し、規定を満たした製品に「GR certified」ロゴの使用権を与えるもの。
リコーブランドの高級コンパクトカメラ「GR」にちなんだもので、GRシリーズの開発メンバーが参加しているという。ただし、コンパクトデジタルカメラの「GR」と同レベルの画質を保証するものではない。
リコーイメージング、スマートフォンの画質を認証する「GR certified」ロゴを発表


「GR certified」の開始および認証第一号決定のお知らせ

これは何が狙いなのでしょうか?
スマホ用カメラモジュールの製造をやっている、とかレンズに関わっている、というわけでもないでしょうし。
1つ思ったのはパナソニックのCM1のようなものをリコーが作る気はないだろう、ということです。
通話したり、SIMが入ったりしないもの、ニコン風に言えばスマートデバイスも作らないでしょう。
スマホ的なデジカメを作ってしまい、うっかり認証を受けたスマホよりもバッチリ綺麗に写ったら、認証を受けたスマホの立つ瀬がない、ような気がします。
ただ、それがスマホよりも少しだけよく写る程度だったら、ベンチマークとなり、認証を受けたスマホにもメリットはあるのかもしれません。
今の状態で、認証第一号のシャープのスマホに何かメリットはあるのでしょうか?
GR、GRDユーザーが、よし買おう!となるとは思えません。であれば逆で、GRやGRDを知らない人に向けてなんだか凄そうな感じだと思わせるためでしょうか?
それはGRにとって良いことなのでしょうか?
認証第一号のスマホが明らかに他よりもよく写る、ということは考えにくいので「GR」って言っても大したことないじゃん!ってならないのでしょうか?
「GR certified」とデジカメのGRは違いますよ!と言っても通じないのでは。そうなっちゃうとデジカメのGRのイメージを悪くすることになりそうです。
「GR」開発陣も認める使い勝手、ならわからんでもありませんが。



posted by gr-digital.net at 20:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 b_entry.gif
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック