2015年08月28日

PENTAXのフルサイズが4200万画素採用は十分にありえる

G0070339

PENTAXのフルサイズが10月のはじめに発表で、4200万画素のソニーのセンサーを採用して30万円!っていう噂です。
ソニーの4200万画素のセンサーというのはα7RIIに使っているというやつで、ソニー自慢の最新型をPENTAXに売ってくれるのか?α7RIIより安くできるのか?などの疑問があるようです。
私はあり得るのでは?と思います。

ソニーとしては、一眼レフに採用される分にはα7RIIと競合すると考えないで素直に売るのではないかと思います。特に売れそうもないPENTAX用となれば尚更。
そして値段ですが、PENTAXがフルサイズを出したらレンズも一緒に売れると思うので、ボディは安くしても一緒にレンズを売れば大丈夫なのでは?という気がします。
シグマはKマウント用の新しいレンズも出していますが、タムロンは出していません。
最近のシグマは単焦点などに力を入れていますが、2.8通しの標準ズームと望遠ズームはちょっと古いまま。タムロンは新しいものを出していますがKマウント用はありません。
恐らく、フルサイズに併せてPENTAXは標準ズームも出すと思います。4200万画素に対応できる標準ズームの選択肢は限られ、最新の標準ズームレンズもボディと一緒に売れるのでは?と考えれば、ボディは少し安くても大丈夫でしょう。
そもそも、PENTAXのボディはニコンやキヤノンと比べたら安いのですから、フルサイズも安くするでしょう。
2400万画素のセンサーなら10万円台前半、3600万画素で20万円台前半の値付けをするくらいなら、最新の4200万画素を採用してニコンのD810やキヤノンの5Dmark3に近い値段で売りたい、と考えてもおかしくないでしょう。

実際にPENTAXのフルサイズがどうなるのかわかりませんが、レンズのアナウンスくらいやって方向性をハッキリと見せた方がいいんじゃないかなぁと思います。
言い方は悪いですが、既に釣ったPENTAXユーザーに餌をあげないと、さすがに逃げる人もいるんじゃないでしょうか。
posted by gr-digital.net at 20:36 | Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 b_entry.gif
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

ペンタックス KP ボディを買うならここ!
Excerpt: ペンタックスのデジタル一眼レフ、KP ボディを買うならここ! シルバーとブラックの2種類のデジタル一眼レフ。 個人的には、シルバーがカッコいいなと思います。 どちらも発売前からかなり注目されていたカメ..
Weblog: カメラの【最安値】はこちら!ネット通販での価格を徹底比較
Tracked: 2017-02-24 19:46