2016年12月13日

路上にて

G0074894-Edit

1週間くらい前に今年最後の晴天かと思いましたが、その後もちょくちょく晴天に。12月の新潟のくせに。
晴天といっても1日ずっと晴れているわけではなく、いつの間にか雲が出て何か降ってきます。何かといってもほとんど雨で雪はまだです。もうそろそろ一度積もってもよさそうな頃ですが、降りそうなそうでもないような。

さて、最後の晴天かと思った日に注文したIMAはすぐに届いていました。何号か前にリニューアルして、その際に本を大きくしたそうで、入れるカバンを選ぶサイズになりました。
私は大きいカバンが好きなので入りますが、小さいカバンが好きな人は入らないかもしれません。といっても女性ファッション誌はあんなに大きいのに、女性が持つカバンはそれほど大きくないことを考えると、カバンに雑誌を入れて持ち歩く人は多くないのでしょう。

雑誌の冒頭はダイアン・アーバスの初期のスナップで、ダイアン・アーバスだと言われればそう見えるし、なんだかダイアン・アーバスよりも少し前の時代の写真にも見え、なかなか不思議な感じです。ダイアンアーバスっぽく見えるのは、そういうのを選んでいるのだと思いますが、少し前の時代に見えるというのは、単純に私が時系列で写真を並べて見たことがないので勘違いしているのかもしれません。有名な写真を時系列で並べて見る機会があればいいのに。

ストリート写真の特集では作家の写真とインタビューをセットにして何組かあるのですが、インタビューは基本的に同じ質問なので作家毎の考え方の違い、取り組み方の違いが明確で、面白いです。色々なストリートスナップがあるもので、まだまだ面白いジャンルであることが確認できました。未だに路上は面白いです。
posted by gr-digital.net at 22:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 b_entry.gif
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック