2017年04月21日

リコーイメージングもマストドンのインスタンスを

G0076448

新しいTHETAの開発発表がありましたが、これは先日の日経の記事を受けて少しでも早く発表して、なくなっちゃうかもしれないイメージを払拭したいからなのかなぁ、なんて思っちゃいます。

というわけで、僕が考えた最強のリコーイメージング復活案です。
それは流行りのマストドンをやるべき。
マストドンの事はツイッターみたいなもの、くらいで全然知らないのですが、ユーザーの囲い込みに向いているようです。
マストドンは登録するインスタンス(サーバー)を選んで使うそうですが、趣味に特化したインスタンスが増えそうです。なぜ趣味に特化したインスタンスかというと、ユーザーを囲い込むため。
インスタンスによって(規約とかルールも含め)出来ることや機能を追加出来たりするそうで、インスタンス選びが大切とのこと。とはいえ、他のインスタンスのアカウントもフォローなりは可能だそうで、Twitterのような感じでも使えるそうです。

写真ならFlickr、500px、Instagram、GANREF、もちろんFacebookも。沢山ありますが、いずれもTwitterと分断されてしまいます。マストドンならTwitterみたいな事と写真SNSの機能を統合できる可能性があります。
またSNS以外のサービスへの導線としも使えるそうで、写真ならクラウドストレージやプリント、ブック、写真機材の販売などにつながるかもしれません。
Twitterで写真を張ると基本的にTwitterのサーバーを使います。以前はInstagramの写真がタイムライン上に表示されましたが、今は公式アプリではInstagramの画像は表示されずアドレスが表示されるだけ。またTwitterに写真を張るとリサイズされて圧縮されて劣化するそうで、気になる方は沢山いるようです。
クラウドストレージをやっているようなカメラ関係の企業がマストドンのインスタンスを立ち上げて、クラウドストレージからデータを引っ張ってきて綺麗なまま表示するように改造したら真面目に写真をやっている人も納得できるようなものになるんじゃないかと思うわけです。

そんなことが可能になったとして、カメラが売れるかというと売れないでしょうけど、引っ張り続ける何かがあるかないかでは違うんじゃないかなぁと思うのです。
posted by gr-digital.net at 21:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 b_entry.gif
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/449218394