2017年07月15日

使い切れないほどの才能

G0077271-Edit

この記事、相変わらずアラーキーって凄いなぁと思わずにいられません。
荒木経惟インタビュー 77歳でなお勢いを増すアラーキーの生き方

昔から変わらないことを言っているような気もしますが、そうだとしたらスマホが生まれてアプリが進化しようが、変わっていないのであれば、それは写真に関して核心にもっとも近いからでしょう。

アラーキー凄いなぁと思う一方で、死なないかなぁとも思っています。
アラーキーは日本の写真においてあまりにも影響が強すぎて、もはや呪いのようなものだと考えています。呪いを生み出したアラーキー本人がいなくなったら、その呪いは綺麗サッパリと解けるのか、呪いをかけた本人がいなくなることで解くことは不可能となってしまうのか。
アラーキーがいなくなってから生まれた人はその影響を受けない写真を進むのかどうか、気になるのです。

美術手帖 2017年8月号
美術手帖 2017年8月号
posted with amazlet at 17.07.15

美術出版社 (2017-07-15)

posted by gr-digital.net at 18:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 b_entry.gif
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック