2019年04月07日

GR3オススメの設定と不満について

R0000763-Edit

撮影モードはシャッタースピードに関する特別な意図がなければPがいいかと思います。
Pはプログラムオートで、プログラムラインというのに沿って絞りとシャッタースピードの組み合わせるのですが、GR3には通常と開放優先の二種類から選ぶ事ができます。
これの開放優先にするとギチギチとならなりません。
絞りたい時は前ダイヤルを動かせば絞る事もできます(プログラムシフト)。
絞り優先で開放にしてもいいのですが、ISOオートとの組み合わせではPの開放優先の方が使いやすい気がします。好みですが。

画像設定はとりあえず、明瞭度は少し下げたほうが自然な感じになります。
GR3はレンズの描写が硬いのか、妙にギチギチとした感じになります。フィルムでいうとライカ判ではなく中判や大判でスナップしているような感じに。
そういった使い方もありですが、その使い方は意図が明確でないとチグハグな感じがするように思えます。私は適当に考えずに撮るので、Pの開放優先に合わせて明瞭度を下げ、GR3本来の力を削ぐことになりますが、

ダイヤルの左にはAF-MF切り替えをあてています。これはAFロックとして使っています。これは随分前からそうしているので(初代GRDの頃から?)クセみたいなものです。タッチパネルが十分に使えるのでAEロックを割り当てた方が便利かもしれません。
ただ、GR3のAEはどうにも好みに合わなくて以前よりも露出補正を使っているような気がするので、私はAEロックは使わないかなぁという気が。
GR3のAEが好みに合う方ならAF-MF切り替えではなくスナップを割り当てるのがいいかもしれません。
ちなみに、AF-MFとスナップを別々のボタンに割り当てても両立しないようなので(どうにもAFに戻れないし、電源を切ってもAFは使えないままでモードダイヤルを動かすまでAFに戻れないので)スナップは使っていません。なんとかして欲しいところ。
posted by gr-digital.net at 21:23 | Comment(0) | 日記 b_entry.gif
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: