2008年03月07日

デジタルカメラ開発の視点

R0013517
ついにDP1を触ってしまいました。
店頭でちょっと触っただけでもびっくりしました。
何も知らない人が触ったら一桁間違っていると思うんじゃないかというくらい。
あのカメラからあんな写真が、と思うとまたびっくりです。
さてさて、DP1とは対照的なデジカメとしてGRDが槍玉にあげられていますが、これからGRDシリーズはどこを目指すのでしょうか。
撮像素子を大きくするのか、小さいままなのか。
そこで気になるのは、
3月12日に行われる「デジタルカメラ開発の視点〜Candid Photo文化支援を目指す製品開発〜」と題するトーク&レクチャー。
Candid Photo文化支援を目指すデジタルカメラっていうのはどのへんがポイントになってくるんでしょうか。
posted by gr-digital.net at 12:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 b_entry.gif
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック