2009年06月01日

素子交換式

R0179715
レンズ交換式コンパクトデジカメについて否定的なことばかりをブツブツ書いていましたが、魅力がないわけじゃありません。
初代GRDが発表された時、撮像素子交換サービスを考えている、というようなことを言っていました。
実際、GRDをあけると撮像素子へのアクセスがいいというか、交換できそうな構造になっているので本気で考えたと思います。
レンズと撮像素子が一体化したユニットであれば、撮像素子交換可能コンパクトデジカメになるわけです。
レンズと撮像素子が一つのセットになっていればレンズにあわせて撮像素子を調整することも可能になるかもしれません。
バックフォーカスが短いレンズには撮像素子のマイクロレンズを調整するとか。初代が実現できなかった、撮像素子のアップグレードも可能かもしれません。
現実的ではないと思いますが、夢はあると思います。

posted by gr-digital.net at 08:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | レンズ交換式コンデジ b_entry.gif

2009年05月29日

ナイフのバランス

R0179236
私が思うGRDのよいところは持ったときの重さのバランスです。
前後左右に偏った重量バランスではないので、片手で構えても使いやすいと思います。
で、レンズ交換式となった場合、このバランスを維持するのは無理でしょう。
ということもあって、私はGRDがレンズ交換式になるとは思えません。
GX系がレンズ交換式になるならともかく。
それと、リコーが例えるナイフの例。
十徳ナイフと切れ味のいいナイフというやつです。
レンズ交換式なら刃物に例えると、刃が交換できる柄がそのボディに相当するでしょうか?
だとしたら菜切り包丁、刺身包丁、出刃包丁にかえられる柄?
目的に見合った切れ味のいいナイフ、というのはアリだと思いますが、刃と柄、全体のバランスを整えることが難しいのでは?
posted by gr-digital.net at 17:24 | Comment(1) | TrackBack(0) | レンズ交換式コンデジ b_entry.gif

2009年05月27日

売れるレンズ

R0162510
レンズ交換式コンパクトデジカメなんてあっても魅力がない、とは言いましたが魅力あるレンズ交換式コンパクトデジカメもあるかもしれません。
男は小さな時から合体が好きなもので、コンパクトデジカメでもレンズ交換、合体ができたら売れるかもしれません。
ところで、私が思う人気のある単焦点レンズは
・広角
・明るい
・マクロ
だと思います。
広角単焦点のGRDやDP1はあっても中望遠、望遠のがないことを考えても広角は使う機会が多い、人気に繋がっていると思います。
ニコン、ペンタックス、ソニー、シグマは明るい単焦点をわざわざ新しく出したくらいなので売れていると思います。
単焦点レンズが少ないタムロンもトキナもマクロを出しているのだから、これもやっぱり人気があると思います。
さらに、超望遠もニーズはあると思いますが値段が値段なので欲しくてもなかなか手が出ない、といった単焦点レンズ情勢ではないかと思います。
で、レンズ交換式コンパクトデジカメがあるならこれらのレンズに交換できるものがいいのでは?
広角はGRDの代わりに、明るいのはF1.0を下回るとか、マクロは私はどうでもいいですが換算150mmでレンズ前1センチまで寄れるとか単体で撮影倍率を上げることができれば面白いと思います。
超望遠はフィールドスコープにデジカメをつけるのが人気のようなので、そういったニーズは見込めるのでは?
少なくとも標準ズームとか望遠ズームに交換するよりも、面白いと思います。
そういうのなら、合体が好きな私も欲しい。
posted by gr-digital.net at 08:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | レンズ交換式コンデジ b_entry.gif

2009年05月26日

レンズ交換式

R0162648
コメントもいただきましたが、リコーがレンズ交換式のコンパクトデジカメを計画しているという中国発の噂話ですが、これについて私の考えを。
本当?サムスン以上にマイクロの強敵現れるか
コンパクトデジカメでありながらレンズ交換式という発想はすでに特許にも見ることができ(リコーではなくてフジとたしかペンタックスにも)、それはゴミ対策として撮像素子とレンズを一緒に交換するというものです。
確かに、そんなのがあったら面白いかもしれません。
もし本当だとして、気になるのがレンズは沈胴なのか?レンズバリアは?
いくらコンパクトでも沈胴できなきゃあまり魅力的ではないのでは?
レンズキャップも面倒だからレンズバリア式がいいですよね。
沈胴しなきゃならないことはリコーも重々承知だと思います。
で、沈胴できるレンズ設計にした場合、交換したくなるようなレンズを作ることができるのでしょうか?
ちなみに、一眼レフ用交換レンズでレンズバリアが付いたものはあったようです。
ズームレンズを用意するというとこも気になります。
コンパクトデジカメのズームレンズを交換して、何が面白いのかわかりません。
超望遠ならともかく、24-85mmと70-200mmなんて。
換算21mmのGRDが欲しい、35mmが欲しい、50mmが欲しい、中望遠が欲しい、という要望に応えるためにレンズ交換式にしました。ならわかりますが、ズームレンズを交換してもねぇ。
というのが私の考えです。
たぶん、しばらく続ける予定。
posted by gr-digital.net at 08:42 | Comment(2) | TrackBack(1) | レンズ交換式コンデジ b_entry.gif