2017年03月30日

組み合わせて考える写真

G0076206-Edit

挑発する写真史という本を読みました。
金村修とタカザワケンジが対話形式で写真史を読み解く?みたいな内容です。
章ごとに3名の写真家を絡めて話を進めるのですが、3名の写真家のセレクトが面白い。
例えば「第七講 商業写真と作家主義」ではアーヴィング・ペン、リチャード・アヴェドン、篠山紀信の3名で、これはわかりやすいというか妥当なのかなぁという感じがあります。
一方で「第三講 スナップショットの輪廻転生
」では、アンリ・カルティエ=ブレッソン、森山大道、牛腸茂雄という3名で、わかるようなわからないような選択です。ブレッソンと森山大道はスナップショットのイメージは強いですが、牛腸茂雄をスナップとして入れるならリー・フリードランダーが適切ではないかというような気もしますが、リー・フリードランダーは他のところで取り上げられているので、避けたのかもしれません。実際のところどんなふうに組み合わせを選んだのかわかりませんが、面白いのです。

この手で必ず取り上げられているような気がするシンディー・シャーマンが入っていないことも気になります。
取り上げていないので、自分ならシンディー・シャーマンとあと2名を絡めるとどんなメンツになるのかなぁと考えると、これがなかなかまとまりません。
真っ先に思い浮かんだのはナン・ゴールディンでした。あともう一人を絡めるのが難しい!ダイアン・アーバスもいいような気がしますが、この3名でまとめると現在の写真とは断絶しているような気がして、それは違うように思います。ちなみに本ではダイアン・アーバスは安井仲治、土門拳と一緒になっています。この組み合わせもどこから発想したのか!
それではもうちょっと新しい人をと考えると、ヘルムート・ニュートンが思い浮かびましたが、ナン・ゴールディンが浮くというか、外れるような気がします。あとはエルスケンもいいような気がします。この3名はまとまっているとは思います。

というわけで、なんでこの組み合わせなのか、別の組み合わせで考えるとどうなるのか、取り上げられていない人を入れるとどうなるのか、などなど考えると面白く、3名の写真家を絡めるという切り口は新鮮に感じました。

挑発する写真史
挑発する写真史
posted with amazlet at 17.03.30
金村 修 タカザワ ケンジ
平凡社
売り上げランキング: 6,466


posted by gr-digital.net at 19:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 b_entry.gif

2017年03月19日

桜はまだか

G0075842-Edit
電車から見えた公園にブルーシートが敷いてあるように見えました。公園に敷いてあったのか、ブルーシートじゃなくて別のものなのか、実際のところはわかりませんが、そう見えました。
そう見えた瞬間、もしや花見の場所取り?と。桜が咲くまで2週間以上はあります。いくらなんでも場所取りには早すぎですが、あと2週間か3週間もあれば桜が咲くと思うと、それはもうすぐだと感じます。
もうすぐなのか、まだ早いのか。
posted by gr-digital.net at 21:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 b_entry.gif

2017年03月03日

僕が考える最強のデジカメ

G0075752

GR3は出ると思いますが、画質はスマホに負けるわけがありませんが、多くの人は写真しか撮れないデジカメではなくスマホで十分と考え手に取ることもなければ、感心ももたないでしょう。
そこで、どんなデジカメならスマホで十分と考えている方に振り向いてもらえるか考えました。

それは赤身が霜降りになる機能。
写真を撮ったらTwitterなりInstagramに上げてなんぼ。TwitterやInstagramになければ写真にあらず、そんな状況です。そうであればTwitterやInstagramでウケのいい写真を撮れればスマホではなくデジカメ!となるかもしれません。ではどんな写真がウケがいいのか考えます。
最近はスマホのアプリを使うとプリクラみたいになりますが、TwitterやInstagramに自分の顔を上げる人は限られます。一方で、よく見かける食べ物の写真は性別や世代に関わらず上げているのでは?さらに昨今の肉ブームを鑑みると、肉が盛れるカメラが有効ではないかと考えました。
つまり、赤身が霜降り肉になる機能を備えればデジカメは売れるでしょう。霜降り肉に馴染みがないのでよく知らないのですが、火を通したあとも霜降り肉はひと目見てそれとわかるなら有効ですが、火を通すと脂肪の白さが目立たないのであればあまり意味がないのかもしれません。
posted by gr-digital.net at 20:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 b_entry.gif

2017年02月26日

春の訪れ

G0075753-Edit

昨日、起きたら5センチくらい雪が積もっていたのにあっという間に溶けてしまいました。
溶けてしまったなんて感覚も、あっという間に溶けるのも春が近づいているからでしょう。
そのせいか、花粉もはっきりと感じられるようになりました。
ところで花粉は年中飛んでいるそうですが、春の季語なんでしょうか?季語ですらないのでしょうか?
posted by gr-digital.net at 22:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 b_entry.gif

2017年02月23日

CP+は春の訪れ

G0075723-Edit

この頃は暖かい日もありますが文字通りの三寒四温にはあともう少しという感じです。
さて、春の知らせの魁、CP+が始まったそうです。
CP+のリコーイメージングブースにはGR3を匂わせるようなものは特になかったようです。それでもGR2やQシリーズは置いたあったそうなので、GR3だけでなくQの後継もあるのかもしれません。Kマウントの方は新しいレンズとロードマップの展示があったようです。

デジカメ市場が縮んでいく昨今、そんな風潮を覆すような誰もが興奮するような画期的な新製品を期待したいところですが、一方で写真を撮る道具として十分以上のものが揃っているような気がするので誰もが興奮するような写真を撮れていない撮る側が追いついていないような気もします。
スマホで撮るほどスマホでは撮れない写真があることに気がつくだろうと考えていましたが、スマホだけで見る人を興奮させる写真を撮る人が沢山いすぎて、スマホで十分と思われているのかなぁという気がしています。

日に日に暖かくなるのはそれだけで嬉しいし新年度にあわせ新生活に期待してワクワクするし桜も咲くので9月入学には反対ですし、Jリーグの秋冬にも反対です。CP+はいい時期にやっていると思うので世界中の、少なくとも北半球の、財布の紐が緩むような、これなら撮れる!というような発表を期待したいのです。
posted by gr-digital.net at 23:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 b_entry.gif

2017年02月20日

目の前を撮ることを改めて確認する

G0075729-Edit

AI、人工知能が話題です。
現在、人工知能と呼ばれるのは何か一つに特化したもので、何でもかんでも出来そうな人工知能というイメージとはおおよそかけ離れたもののような気がしますが、それでも凄いものになっています。

グーグルの人工知能、今度は「モザイク画像の被写体を特定」する

例えばこれですが、昔から刑事ドラマでこのような謎技術が出てきましたが、実現しそうなわけです。顔でここまで出来るのですから3x3ドットくらいで文章を復元できるかもしれません。カメラはどこまでいっても光学的な技術から離れることはないと考えていましたが、これを見ると考えを改める必要がありそうです。

写真を始めた頃、写真に撮ることでまるで見たことのない景色がそこにあったのだと驚きました。こういった技術を知るとわずかな情報から特定のイメージを作り出すことはいずれ当たり前になり、見たことのない景色なんてものは全くもって錯覚でしかないような感じがしてきます。

そんなことはないと思いたいので、数年後の答え合わせをするため、まずは目の前を撮りたいと思います。
posted by gr-digital.net at 20:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 b_entry.gif

2017年02月13日

GR3は高感度に期待できるけど、それを活かせるのか

G0075638-Edit

KPの高感度のノイズが少ないと話題です。
見てみると確かにノイズが少ない。GRと比べると2段くらいの差がありそうです。
私は基本的にISO800までにしていますが、GR3が同等になるのであれば、ISO3200までは気にせずに使えそうです。
日常的にはISO800で十分に足りるのでGRの高感度に関しては特に不満はありませんが、高感度でノイズが少ないということは低感度での写りも期待できそうです。
GRに関しては高感度がよくなってもAFがプアならあまり意味がないと思うので、AFの向上も期待したいところです。
posted by gr-digital.net at 22:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 b_entry.gif

2017年02月07日

アルファベット2文字

G0075633-Edit

好きなラーメン屋は1日5時間くらいしか営業していないのですが、レクサスのカレンダーが貼ってあることから察するに十分以上に儲かっているんでしょう。営業時間外に仕込みがあるでしょうから、1日8時間くらいはお仕事をしているんだと思いますが、それでもレクサス乗れるんだなぁと考えると、飲食店は当たれば大きいんでしょうね。
で、レクサスですがセルシオとかアリストとかソアラという名前をやめてアルファベット2文字を車種名としています。レクサスには縁もないので当然ですが、アルファベット2文字を見ても、それが昔のセルシオなのかアリストなのかわかりません。
しかし、カメラならわかる!
アルファベット2文字のカメラ名というと、もちろんGRです。GR以外だとペンタックスのKPも新しいせいかわかります。他にはデジカメだと思い浮かびません。フィルムカメラならFA、FG、FMなどニコンが思い浮かびます。ペンタックスのLXやMZくらいは知っています。
フィルムカメラの頃はアルファベット2文字が多かったのに、デジタルだと少ないのはなぜなんでしょう?そしてKPはアルファベット2文字でフィルムカメラっぽさを出しているのでしょうか?
これからはアルファベット2文字のデジカメが増えるのでしょうか?でも増えたらレクサスのように何が何だかわからなくなりそうです。
posted by gr-digital.net at 20:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 b_entry.gif

2017年01月28日

長靴は恥だが役に立つ

G0075559-Edit

1週間くらい前ですが、10日ぶりくらいに長靴を履かずに普通の靴を履いて電車を下りたら吹雪いていました。
クロックスの長靴を履いていますが、軽いのでそんなに悪くないし水がしみる心配もなく雪の中も水溜りも歩けるのでそろそろ長靴じゃなくてもいいよなぁって日が数日経ってから普通の靴を履きました。長靴を履く日が10日くらい続いた後に普通の靴を履くと足が軽くなったような気がしていいのです。
靴の重さでいえば長靴の方が軽いのに不思議です。
足取り軽くなった!と思ったら吹雪いて翌日からまた長靴を履きました。
posted by gr-digital.net at 21:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 b_entry.gif

2017年01月27日

KPはペンタックス余裕の現れか

G0075569-Edit
ペンタックスが新しい一眼レフKPを発表しました。
ペンタ部分が尖ったフィルムカメラ風のデザインです。K-1に倣ったデザインなんだと思いますが、この系統のデザインをやるならもっと早くやればいいのに、なんて思ってしまいます。まずK-1を出してから、という事なんだと思いますが、そんな体裁を気にする余裕あるのかよっていう事です。
しかし、形振り構わずケツに火が付くような状況ではないと捉えることもできるでしょう。
なんだかんだ言って、興味があるので色々と見てみましたがKPは片手で操作しやすいそうです。背面の画像を見るとなんとなく下位機種っぽい感じですが、使いやすくまとめてあるのでしょう。
この辺のボタン配置はリコーイメージングのGRとペンタックスで近いものになって欲しいと思います。特に再生ボタンとメニューボタンの位置。この二つのボタンはどうして統一されないのか不思議でなりません。
posted by gr-digital.net at 22:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 b_entry.gif

2017年01月19日

換算28mmは需要がないっぽい

G0075351-Edit

フジのX70がディスコンだそうです。
換算28mmの単焦点レンズとAPS-Cの撮像素子を組み合わせたデジカメはこれでニコンに続きフジのものもディスコンに。
後継機があるのかどうかわかりませんが、今日発表された新製品の中にも噂サイトにも名前が挙がっていません。それでもCP+では発表しないけれど、X70の在庫が捌けそうなころに発表ということはあるかもしれません。フジは1600万画素のセンサーから2400万画素のものへ変わっている最中なので、1600万画素のX70を止めるのはそれほど不思議なことではありませんが、モデルサイクルの長いものが多いフジにしては随分と早い気はします。
換算28mmは売れないのかもしれません。フジはX100シリーズを長く続けていますが、こちらは換算35mm。ファインダーが付いているから続くほど売れているのか、35mmだから続いているのかわかりませんが、ファインダーが理由であればX70後継はファインダー付きになるかもしれません。
後継がないのであれば換算28mmはあんまり売れないということなんでしょう。
ところでX100系はたぶん一度もレンズの変更がないと思うのですが、自信があるのでしょう。交換レンズも長く使えるというアピールにもなって、そういうのもいいかと思います。
posted by gr-digital.net at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 b_entry.gif

2017年01月14日

1月15日は天気が荒れる

G0075419-Edit-Edit

どかっと雪が積もりました。
写真のところは風の通り道なのでちょっとですが、住んでいるところは膝まで埋まるくらい。お陰で電車は動いているのかどうかよくわからないという状況。
1月15日前後は天気が荒れる事が多いような気がします。20歳の時の1月15日は横浜にいましたが雪で京急が止まった記憶があります。今ではちょっと有名になったようですが、ジャック&ベティという映画館で何か見た帰り、いつもはJR桜木町駅まで歩くのに、寒さに負けて京急黄金町に行ったものの、つい来ず。地下鉄の振替乗車があったような、そんな記憶です。
この悪天候はちょうどセンター試験とかぶりました。新潟は残念ながら横浜とは違い、あっちが駄目でもこっちが動いているというような公共交通ではなく、頼みの綱は一本だけという地域がほとんどです。受験生は随分気が揉めたことと思います。
センター試験に限らず一発勝負みたいな仕組みはどうかと思う一方で、一発勝負だからこそ燃え上がるものもあるのかもしれませんし、試験に限らず一長一短なんでしょう。
posted by gr-digital.net at 22:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 b_entry.gif

2017年01月09日

ブログはじめ

G0075377-Edit

年末に何か書こうと思っていたら、思っているままで年があけてしまい、今年になってから何か書こうと思っていたらすでに一週間以上経ちました。
今読んでいる本は写真とは関係ないものですが、読みながら写真のことを考えるくらいは写真が好きというか染み付いていますが、そんなに撮っていないし、何か写真に関する発見もないし、GRに関する新情報もないですし、書くこともないような気もしますが、新年の抱負とか来るべきGR3への妄想、予想、期待することなり何もないわけではありません。
でも、そういうのはおいおい書こうかと思います。とりあえずは、どうでもいい、その時の気分を書こうと思い、今年はこうなりました。
posted by gr-digital.net at 18:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 b_entry.gif

2016年12月26日

今年の空

G0075063
なかなか降らないと思った雪が1週間くらい前に降って、さっさと消えてしまいました。
今年12月の新潟の天気はなんだかいつもの2月末くらいのような感じで、冬から春への変化を期待させるようなものでした。
12月になり次第に厚くなった雲が1月でどっしりとしてきて2月のはじめ頃はずっしりとして、2月の終わり頃にはそれが薄くなり3月になると雲も軽くなるのが例年で、今年は最初から厚くならなそうな雲です。
このまま春になってくれたらと思うのですが、たいていはそんなこともなくちゃんと冬になります。
むしろ、こんな年の方が積もるような気がします。
カメムシが沢山いると雪が沢山降るなんて言われていますが、11月に数年ぶりにカメムシを見つけたので今シーズンは降るのでしょう。既に北海道では結構降っているようですし。
posted by gr-digital.net at 21:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 b_entry.gif

2016年12月21日

ライカというカメラ

G0075078-Edit

swichがアラーキー特集でした。Last by Leicaというタイトルで、アラーキーがライカで撮った写真特集です。RAT HOLEが出来た頃、Love by Leicaという名前で展示しましたが、それをもじったものでしょうか。
このようにしてカメラメーカー名が使われるのはライカが最後なのかもしれません。ローライやハッセルブラッドも同じように使われてもよさそうですが、フィルムからデジタルになりローライの名前は埋もれ、ハッセルブラッドは雲の上の存在に。
ニコンやキヤノンが同じように使われるかというと、ライカのような特別な存在という感じはありません。
現在のライカはレンジファインダーだけでなく一眼レフもミラーレスもレンズ一体型もやっていますが、こういう風に使われるライカはほぼレンジファインダーのライカを指します。一眼レフに負けずに続けてきたボーナスのようなものでしょうか。
この先デジタル化が進むほどにミラーレスが優勢になり一眼レフは過去のものになり、最後まで一眼レフを続けたニコンかキヤノンかペンタックスがライカのように使われるのかもしれません。
スマホに押され青息吐息のコンパクトデジカメも最後まで続けていればライカのようなネームバリューを獲得することも夢ではないのかもしれません。
我らのGRも頑張って欲しいところですが、来年からトヨタがハイパフォーマンスモデルにGRという銘を付けるそうで、GRというとカメラじゃなくて車になってしまわないか心配です。

SWITCH Vol.35 No.1 荒木経惟 ラストバイライカ

スイッチパブリッシング (2016-12-20)



posted by gr-digital.net at 22:46 | Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 b_entry.gif

2016年12月13日

路上にて

G0074894-Edit

1週間くらい前に今年最後の晴天かと思いましたが、その後もちょくちょく晴天に。12月の新潟のくせに。
晴天といっても1日ずっと晴れているわけではなく、いつの間にか雲が出て何か降ってきます。何かといってもほとんど雨で雪はまだです。もうそろそろ一度積もってもよさそうな頃ですが、降りそうなそうでもないような。

さて、最後の晴天かと思った日に注文したIMAはすぐに届いていました。何号か前にリニューアルして、その際に本を大きくしたそうで、入れるカバンを選ぶサイズになりました。
私は大きいカバンが好きなので入りますが、小さいカバンが好きな人は入らないかもしれません。といっても女性ファッション誌はあんなに大きいのに、女性が持つカバンはそれほど大きくないことを考えると、カバンに雑誌を入れて持ち歩く人は多くないのでしょう。

雑誌の冒頭はダイアン・アーバスの初期のスナップで、ダイアン・アーバスだと言われればそう見えるし、なんだかダイアン・アーバスよりも少し前の時代の写真にも見え、なかなか不思議な感じです。ダイアンアーバスっぽく見えるのは、そういうのを選んでいるのだと思いますが、少し前の時代に見えるというのは、単純に私が時系列で写真を並べて見たことがないので勘違いしているのかもしれません。有名な写真を時系列で並べて見る機会があればいいのに。

ストリート写真の特集では作家の写真とインタビューをセットにして何組かあるのですが、インタビューは基本的に同じ質問なので作家毎の考え方の違い、取り組み方の違いが明確で、面白いです。色々なストリートスナップがあるもので、まだまだ面白いジャンルであることが確認できました。未だに路上は面白いです。
posted by gr-digital.net at 22:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 b_entry.gif

2016年12月05日

今が手に入らないこの地方の片隅

G0074956-Edit

昨日は今年最後の晴天かと思うくらいで2016年もあと少しになりました。
IMAがストリートスナップ特集ということで売っていそうなところを回ったのですが、どこにもなく結局Amazonで。
IMAは定期購読をやめてしまったので、いざ欲しいと思っても手に入れるのが面倒になりました。この辺は地方のつらいところです。
10年前に新潟に戻ってきた時は、本やら映画やら地方では疎くなると思っていましたが、年を取ったせいか疎くなるというほどではありませんでした。美術館とか、そういうのは疎くなりましたが。
それでも地方には地方なりに色々とやっているので、大きい美術館ではやらないようなものを見る機会はそれなりにあります。なので、それなりに楽しめています。


posted by gr-digital.net at 21:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 b_entry.gif

2016年11月24日

GRII、ぐっと下がった

G0074838

なかなかGRIIの値段が下がらないなぁと思っていましたが、10日ほど前から64,000から63,000円くらいに落ちました。




もうちょっと下がるのか、このあたりが底値なのかわかりませんが、私の中ではキタムラがガクッと下がると次が出る合図だと思っています。そのキタムラはまだ下がっていません。
GRIIIは流石にまだだと思いますが、思っていたよりも早くてCP+でお披露目して夏前には出るのかもしれません。
posted by gr-digital.net at 20:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 b_entry.gif

2016年11月22日

手ぶれ補正とセンサーサイズ

オリンパスは動画でPanasonicに勝てそうもないし、スチルならセンサーサイズで逆立ちしてもフルサイズに勝てないマイクロフォーサーズでどうするのかと思っていましたが、いつの間にか凄いことになっています。
シャッタースピード2秒でもブレない!? 話題の「OM-D E-M1 Mark II」のボディ内手ぶれ補正を試してみた

2秒とか4秒でも簡単にほぼ確実に手ブレなく撮れるのかと思いましたが歩留まりはまだ高くないようです。しかしながら1割でも2割でも数秒を手持ちで撮れるとは少し前までは想像もしていませんでした。
ただ2秒とか4秒では夜景を撮るのも水の流れをあれするのも物足りないような気がしますし、被写体ブレを使うだけならそこまでいらないような気もしますし、使いみちは限られるような気がします。
それでも、撮れなかったものが撮れるはずで、工夫しだいでは今まで見たこともなかった写真が撮れるのでしょう。
でもAPS-Cとかフルサイズで同じことが出来るようになったら、なんて思ってしまうのでセンサーサイズは罪なやつです。
posted by gr-digital.net at 21:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 b_entry.gif

2016年11月19日

カメラの不思議

G0074820-Edit-Edit
以前から不思議でならないのですが、どうしてデジカメで撮るとフィルムっぽくならないのでしょうか?
今のAPS-Cのデジカメは135、35mm、ライカ判と呼ばれるものより写ると思うので、そうであればデジカメで撮ってもフィルムっぽくなると思うのです。
APS-Cでライカ判と比べて明らかに劣る部分があった頃はフィルムはフィルムだと思っていましたが、今ならデジタルだってフィルムっぽく写ってもいいような気がしてなりません。
それに、フィルムで撮ったものをスキャナーなり、スマホで撮ってもフィルムっぽさはあるので、jpgのせいでフィルムっぽさが出ないということもありません。
不思議です。
posted by gr-digital.net at 20:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 b_entry.gif