2017年11月22日

デジタルカメラの軍艦

G0079238-Edit

ライカがCLというミラーレスを発表しましたがカッコイイですね。いわゆる軍艦部が軍艦っぽくて。
バルナックライカの頃の軍艦と今時の駆逐艦とか日本だと護衛艦だと見た目はだいぶ違うんじゃないかと思いますが、それでも軍艦部っていう感じがあります。
でもCLという名前からは小さい四角いカメラを思い浮かべるので、私ですらそうなので、もしかしたらライカファンからは違和感があるのかもしれません。

ライカがフィルムカメラで使った名前をデジタルカメラで使ったものはこれが初めてでしょうか?SLはフィルムカメラでもありますが、フィルムカメラのSLはMやRと区別するためかライカフレックスが付くことが多いような気がするので、SLとだけ表記されたらデジタルのイメージが湧きます。

デジタルのCLが出てCLといったらミノルタじゃなくてミラーレスという日もすぐでしょう。カメラといったらフィルムじゃなくてデジタルなのは現状からしても明らかなので、しょうがないことです。
フィルムがあるうちに、これだ!みたいな写真をせめて1枚フィルムで撮りたいとは考えていますが、数で勝負のデジタルを出し抜くのは難しい。
posted by gr-digital.net at 19:21 | Comment(0) | 日記 b_entry.gif

2017年11月17日

鼻をすする音が気になる

G0079264-Edit

電車で隣の人が鼻をすすっていたのですが、それがどうにも泣いている時のそれのような気がしてなりません。
寒くて鼻をすすっていたのかもしれませんが、なんとも慎ましやかというか弱々しい。
ほとんどの人が電車で鼻をすする時、無意識だと思います。無意識なので、ズズズーっと案外大きな音になっているように感じます。しかし、隣にいた人は違うのです。随分と控えめなのです。
本を読んでいたので隣に座ってからしばらくは気が付かなかったのだと思いますが、ふと気がつきました。気がつくと気になる。
もしかしたら、泣いていることを悟られまいとして出来るだけ音を小さく、それでも鼻をすすらないわけにはいかない、そんな鼻のすすりではないかと思えてきてこちらももらい泣きしそうになりました。
果たしてそれが泣くのを我慢した結果の鼻のすすりだったのか、単に寒かったからなのかはわかりませんでした。
隣りに座る人の顔を覗き込むわけにもいきませんし、先に降りるなら立った時にチラッと見ることも出来たと思いますがあちらが先に降りました。立った時にちら見するチャンスはあったかもしれませんが、見えませんでした。
金曜日の夜だから単に酔っていたのかもしれません。
覚えていたら泣いている風に鼻をすすって周りを惑わしたいと思いますが、オッサンが泣いたところで不快なだけでしょう。
posted by gr-digital.net at 21:53 | Comment(0) | 日記 b_entry.gif

2017年11月14日

バリカンを買う

G0079144-Edit

私は既に四半世紀坊主ですが、バリカンを使って自分で切っています。
なんと今使っているバリカンはまだ2台目で、この度ついに3台目を注文しました。まだ壊れているわけではないのですが、切れ味が悪くなっているような気がするので新しくすることに。2台目のバリカンは地球1周分くらいは私の頭の上を動かしたと思います。
それにしてもバリカンは長持ちですが、髪はそれ以上に丈夫な気がします。
髪の毛もタンパク質かなんかだと思いますが、腐敗してぶよぶよになったりしたのを見たことがありません。人毛のかつらもそうですし、羊の毛のセーターなんて2台目のバリカンより昔、20数年前のものをまだ着ています。
手持ちの40〜50年くらい前の革製品も腐敗しないし、タンパク質だから腐るというわけではないのでしょう。
それに比べるとデジタルデータは弱そうだなぁと考えずにはいられません。ネット上で消滅しない残り続けるデータもそれで問題ですが、面倒くさいですね。
posted by gr-digital.net at 21:17 | Comment(0) | 日記 b_entry.gif

2017年11月11日

小説に書かれているような事を私も感じたい

G0079100-Edit-Edit

小説を読んでいると私以外の人はこんなに色々と考えて感じているのかと少し怖いような気になることがあります。
例えばラーメンを食べる時、私は基本的に上から食べます。有名な二郎では上に載った大量の野菜をだいたい食べてから麺を食べます。何も考えずに無心で食べます。色々なことを感じて考えていたら完食出来ません。
でも小説だとそうではない。あれこれと書かれるでしょう。
これだけ多くの小説が本屋に並んでいるのは、それなりに共感やそれに類するものがあるからでしょう。全てではなくてもある程度の割合で。ということは、満席の二郎には少なくとも数人は小説になるようなことを感じ取りながら食べている人がいると考えるべきでしょう。もちろん、それを言葉に出来るかどうかは別です。アウトプットは別としてもインプットは小説で書かれるようなことを行っている人がそれなりにいると考えるべきでしょう。
私なんかは雀いた!とか猫がいた!とか、見たことを見たままその先がありません。しかもすぐ忘れるし。
posted by gr-digital.net at 22:01 | Comment(0) | 日記 b_entry.gif

2017年11月10日

違和感とドリフターズの存在

G0079139-Edit

エイリアンズとEnglishman In New Yorkは似ているようで違って、その間を取り持つとしたらロスト・イン・トランスレーションなのかなぁと。
いずれも目の前の違和感みたいな事が題材だと捉えています。
その辺を遡ると色々あるかと思いますが、ドリフターズは避けられないでしょう。
8時だよ全員集合のドリフターズです。
ブレイクビーツにのせてどうでもいい歌を唄うドリフターズは本邦の音楽の流れでどのような立ち位置にあったのか、私気になります!
サンソンでもドリフターズが流れたら山下達郎が語りそうですが、残念ながら私が聴いている時にそれはありません。
posted by gr-digital.net at 21:35 | Comment(0) | 日記 b_entry.gif

2017年11月09日

40を過ぎて感じる衰えと感覚

G0079066-Edit
今年40になったのですが、40になるちょっと前から一気に体の衰えを感じます。
その一つが、二郎の小豚がきつくなったこと。

新潟の二郎は量が少なめと言われますが、それでも普通のラーメンよりもずっと量は多い。ラーメンとハンバーガーは一気に食べる事にしている私は一般的なラーメンなら5分あれば十分。二郎の小は7〜8分あれば食べられたのに、今では10分くらいかかります。小豚になると15分はかかります。
これはもうギルティです。

二郎はともかく、食べる量が減ってきたら実写版の孤独のグルメが以前ほど楽しめていないような気がします。食べたい!という気持が以前ほど盛り上がってこないように感じています。それでも見てしまいますが。

以前勤めていた会社に、朝ごはんを食べて始業前にもう一食食べる人がいたのですが、その人は「若い内に沢山食べたほうがいい」みたいなことを話していてイヤイヤイヤ今でも十分に人より多く食べているでしょと思っていましたが、二郎の小を7分で食べていたのが10分になって衰えを感じたことがそういうことなのかもしれません。人によっては10分でも十分に早いのかもしれませんが、7分くらで食べていた時の方が美味しかったような気がしてならないのです。

早く食べたから美味しい、美味しいから早く食べた、ということではないはずです。私が好きな保坂和志は、夢中になって一晩で読み終えたなんてのは嘘で好きなものほどじっくりと味わうものだ、みたいなことを言っていて、ショートケーキの苺をとっておくタイプの私もそうだと考えています。

それなのに二郎を食べる時間が長くなっていくと体が衰えて二郎を味わえていない、体感できていないような気がします。

二郎は味よりも体験が好きなのかもしれません。写真もカメラも体験に引きずられているような気はしなくもありません。
posted by gr-digital.net at 22:26 | Comment(0) | 日記 b_entry.gif

2017年11月06日

カメラは写真への片思い

G0079120-Edit

白黒が好きですが、カラーには敵わないという気はいつもしています。
デジタルになり白黒は逃げているという批判みたいなのがあり、確かにそういうところはあるような気がしています。
ただ、白黒が好きなものとしてはカラーに対する憧れみたいなのがあります。カラーならもっと簡単に出来るような気もするし、カラーでは出来ないという気もするし。単純なようで単純でないところが写真に近づけそうでいつまでも近づけない、追っても追えない片思いのようなところがあるのでしょう。
GR3はそういう片思いみたいな気分が感じられるものになればと思います。より自由に好きなように撮れるからこそ、撮りたいものが撮れないカメラがいい。
posted by gr-digital.net at 22:46 | Comment(0) | 日記 b_entry.gif

2017年11月05日

よかったよかった

G0079106-Edit
無事に7人展が終わりました。よかった。
そして、奨学金の返済完了証?みたいなのが届いていたことに今朝気が付きました。9月で終わったはずだけど何も言ってこないんだなぁと思っていたところでしたが、ちゃんと終わっていたようで安心しました。
よかった。
posted by gr-digital.net at 21:41 | Comment(0) | 日記 b_entry.gif

2017年10月31日

7人展の準備は終わらない

G0079063-Edit

明日搬入だというのに、未だに準備が終わっていません。
最後の最後は会場でやろうと考えているくらいなので終わらないのも無理はないのですが、それでも算段がまだついていません。
夏休みの宿題は序盤にあらかた済ませるタイプでしたが、序盤で済ませなかった残りは夏休み明けにやっていたので、義務教育の頃の気持を取り戻したのかもしれません。
良く言えばショートケーキの苺を最後まで残すタイプ、悪く言えば何でしょう私は知りません。クズが妥当でしょうか。
posted by gr-digital.net at 22:05 | Comment(0) | 日記 b_entry.gif

2017年10月29日

レンズと撮像素子の組み合わせ、それぞれの良さを引き出す組み合わせ

R5069944-Edit

オリンパスのマイクロフォーサーズ用レンズのすごく高いやつは意味あるのかなぁと思わなくもないのですが、撮影サンプルを見るとレンズの良さが伝わってきます。
フルサイズの4000万画素とかの撮影サンプルを見ると、めちゃくちゃ写っているのはわかるのですが、レンズの良さという感じはありません。撮像素子が凄いんだろうなぁというのが先行します。
フィルム写真を踏まえた写真ぽさならマイクロフォーサーズにいいレンズの組み合わせの方がそれっぽい気がします。フィルムの頃を無視出来るならフルサイズの方がいいと感じるかもしれません。
GXRの50mmはレンズの圧勝なので今の撮像素子を組み合わせたら、と今でも未練がましく思っています。
posted by gr-digital.net at 21:45 | Comment(0) | 日記 b_entry.gif

2017年10月28日

中平卓馬とTwitterとインスタ映え

G0079000-Edit

中平卓馬が1971年のパリ青年ビエンナーレで、前日撮った写真を展示する、みたいなことをやったそうですが、今となっては何がどうなのかさっぱりわからない感覚です。
Twitterに1日10枚、20枚と写真を上げる人はそれなりにいそうですし、それは実験でもなんでもなく、ただ見てもらいたいというストレートな感情の発露のような気がして、中平卓馬でなくても表現と呼ぶに相応しいと思います。
そう考えると1年に一度の写真展にどれだけの意味があるのかと思わなくもないのですが、見せ方の主導権はこちらにあるのだからその点で意味はありそうな気はしなくもありません。
1年に一度の私からするとTwitterとかインスタ映えは凄いなぁと思います。これが中平卓馬がやったことに対するその時の感覚なのでしょうか。
posted by gr-digital.net at 22:53 | Comment(0) | 日記 b_entry.gif

2017年10月26日

プリントを巡る独特な感覚

G0079006-Edit

あと一週間もないので、プリントがだいたい出来ました。
でも、あと一枚が決まりません。
全体的に見たら、あと一枚はあってもなくても大して変わらないと思うというか、間違いなく変わらないけれど、なんというかケジメみたいなものなのかむず痒いような感じがあります。
不思議な感覚です。
posted by gr-digital.net at 21:19 | Comment(0) | 日記 b_entry.gif

2017年10月25日

今月のアサヒカメラ

G0078991-Edit

各カメラ雑誌が出ましたが、アサヒカメラは随分面白くなりました。
2年くらい前からスナップとか肖像権とかそういうやつを記事にして、今回は特集でした。
面白いのですが、最初の頃の記事はTwitterなどで広まりましたがそれ最近のは広まっている感じがありません。広まって欲しいのですが。
結局のところ、耳障りのいい内容ばからり取り入れるので、普通の人?にとって耳障りの悪い肖像権なんて関係ない!みたいなのは広まらないのかもしれません。

今回の記事でようやくアサヒカメラの月例で炎上した写真について取り上げましたが、あれはアサヒカメラ側が入選を取り消したと記憶しています。だけど、今月の特集では法律的に問題ないのに炎上して、アサヒカメラは被害者だと言わんばかりです。



他のコンテストで問題になって入選できなかった事例を挙げておいて、アサヒカメラは今回の記事で問題ないとしているにも関わらず過去に入選を取り消したことを明記しないのはちょっと卑怯では?写真を撮った方に対しても失礼だと思います。

アサヒカメラ 2017年 11 月号 [雑誌]

朝日新聞出版 (2017-10-20)
posted by gr-digital.net at 21:18 | Comment(0) | 日記 b_entry.gif

2017年10月24日

7人展のプリントを作りはじめる!

G0078958-Edit-Edit

11月2日からはじまる7人展のプリントを作りはじめました。
今回の私のやつは、プリントの面積を合計すると、もしかしたら、これまでで最小になるかもしれません。プリント点数では最小ではないのですが。
小さいプリントはプラチナプリントのような、どこか魂がこもったようなものでないとないとダメなんじゃないかと考えているので、小さいプリントは避けていました。
小さいプリントを見てもらう自信がないというか、少しでも大きくプリントして不安を隠したい気持があったわけです。
弱い犬ほどよく吠える、みたいなことでしょう。でも人の展示を見てそうは思いません。自信があってドカンと見せたい、小さいプリントではその良さが十分に引き出せない、など思います。力のあるプリントを見るともっと大きいもので見たいとも思います。
しかし自分がやってみるとそうならない。弱さを隠す方便でしかないと。
ですが、今回は弱さを見られる不安より面倒くさい!という気持が強く、小さいプリントとこれまでの大きめのプリントと混ぜてみることにしました。
だけど、プリントしてみると小さくてもいけるのでは!という気が。
壁に並べてみないとわかりませんが、プリント自体は意図した感じになりそうです。そんな私の乙女心のような甘酸っぱい何かを見て下さい。
posted by gr-digital.net at 22:18 | Comment(0) | 日記 b_entry.gif

2017年10月19日

電柱とカラス

G0078981-Edit

写真好きな人って電柱好きじゃないですか。それだけで電柱ゼロなんて公約に反発したくなります。
電柱ゼロの意味はわかるのですが、電灯や標識もなくすってわけにはいかないから何かしら地面から棒をつき立てる必要はあると思いますが、それなら電柱でもいいような気が。
確かに電線に止まっているカラスが邪魔くさいというか、落下物を恐れることがないのは大きなメリットです。でも東京は石原慎太郎の政策で、たぶん今でもカラスを駆除しているかと思いますが、カラスは随分減ったそうです。そのぶん別の鳥が増えているんだとか。
一方我らが新潟はカラスが増えているそうです。確かに冬になると夕方カラスがずらっと電線に止まっています。レーザーポインターをカラスに当てて、一生懸命どかしている人がいるくらいです。なるほど電線がなくなるメリットはありそうです。
でも、電柱ゼロ!とか言っている候補者は新潟にはたぶんいません。電柱ゼロじゃなくてカラスゼロでもいいけど。ダメだけど。
posted by gr-digital.net at 19:57 | Comment(0) | 日記 b_entry.gif

2017年10月16日

寒いと水道水が温かく感じる

G0078461-Edit

すごく寒いのに水道の水はまだ温くて変な感じです。お湯なんじゃないかと思うくらいです。冬の寒い日は当然水道水も冷たくて、水で洗い物なんてしたくないわけですが、お風呂になりそうなくらいに感じました。もちろん無理ですけど。
以前、8月の終わり頃にちょっとした写真を撮るために枯れ葉の造花を使ったことがありますが、その時もすごく変な感じでした。たいしてリアルな造花でもないけれど、暑いのに枯れ葉があることの違和感がすごくて変な感じでした。
でも、暑い時に寒い時に撮った写真を見ても変な感じはありません。不思議です。
でも、お腹が空いた時にご飯の写真を見たらもっとお腹が空く気がします。
posted by gr-digital.net at 19:37 | Comment(0) | 日記 b_entry.gif

2017年10月08日

金木犀が香る

G0078882
家の金木犀がそろそろ咲きそうです。
1週間くらい前に見た時はまだまだという感じでしたがいつの間にか咲きそうです。
もう2週間以上前、電車が駅につきドアが開いたら金木犀の匂いがしました。金木犀は見当たらないのにその匂いだけはよくわかる、ということはよくあります。でも、その時の匂いは花の匂いではなくて恐らく香水の匂い。
そういう香水があるとは知らなかったので検索してみたら、沢山あるようです。
なんで金木犀ばっかりいい匂いなんでしょうね。
posted by gr-digital.net at 21:37 | Comment(0) | 日記 b_entry.gif

2017年10月06日

バームクーヘン

G0078623-Edit

幸いなことに、今のところ新潟は希望の党の公認候補がいないようです。
希望の党が公認候補を立てていないのは4府県だけらしく、どうやらレアなようです。産経だったかの記事では新潟4区に独自候補が挙がっていましたが、調整があったのでしょうか。

さて、11月2日からの7人展では私もアウフヘーベンして写真はカラーにする予定です。でも、今からアウフヘーベンしてやっぱり白黒にするかもしれません。
この様にアウフヘーベンが気に入っているのですが、その理由は自分でもわかりません。
もしかしたら、子供の頃にバームクーヘンが好きだったからなのかもしれません。子供の頃、バームクーヘンが好きだったのは覚えているのですが、どうしてバームクーヘンが好きだったのか、喜んだのかさっぱり覚えていません。
シュークリームも好きだったし、カステラも好きだったし、もちろんアイスも好きだったし、それらは今でも好きなので単に甘いものが好きだからなのかもしれません。でもバームクーヘンはその中でも特別だったような記憶があります。
子供の頃、バームクーヘンを食べるというとドーナツ状の丸いホールのバームクーヘンで、今コンビニなどで売られているような切られたものではなく、その大きさからテンションが上がったのかもしれません。でもドトールにありそうな小さいバームクーヘンでも切られたバームクーヘンでも好きなので、バームクーヘンという言葉が好きなのかもしれません。
糖質の塊のように思えて、実際そうだと思いますが、気軽にバームクーヘンを食べるのは躊躇しますがもっとバームクーヘン食べていきたいと思います。
posted by gr-digital.net at 22:13 | Comment(0) | 日記 b_entry.gif

2017年10月05日

練習中

G0078914

11月の7人展に向けてアルミ複合板にプリントを貼る練習をしているのですが、そこそこまではいけるのですが、細かいところはイマイチです。
本番はもうちょっと上手くいくといいのですが。
上手くいっても見てもらえなければしょうがないわけで、気にするほどなのかとは思わなくもありません。
posted by gr-digital.net at 22:39 | Comment(0) | 日記 b_entry.gif

2017年10月01日

アウフヘーベンする

G0078588-Edit

アウフヘーベンという言葉は聞いたことがあるようなないような気がしますが、既に政治で使われていたそうです。
アウフヘーベンの日本語訳の一つに止揚がありますが、二大政党であった立憲政友会と立憲民政党が方針を変えて合流して大政翼賛会が生まれますが、その方針転換を止揚という言葉を使うことがあるそうです。
全然知りませんでしたが、頭のいい人が指摘していました。
リコーもアウフヘーベンして一眼レフを諦める日がくるでしょうか。
posted by gr-digital.net at 20:51 | Comment(0) | 日記 b_entry.gif