2024年07月08日

ペンタックス17のレリーズはどうしてケーブルレリーズじゃないのか

R0010065

ペンタックスのハーフ判のフィルムカメラが発表されて、発売されたのか、そろそろ発売されたのかわかりませんが、正直そんなに作りたかったカメラがそれかよって気がしないでもありません。
見た目は人それぞれ好みがあると思うので置いておいて、10年後、20年後に壊れたら直せなさそうなカメラを今になって販売する意味がわかりません。
正直、もっとアナログなものを作るんだと思っていました。

アナログなやつが望まれていると思って販売したら思った以上に売れなかったニコンのFM3Aがあるのでしょうがないのかもしれませんが。
それにバルナックライカが今でも修理されて使えることを考えたら、壊れても直せそうな機会式カメラをいま出しても敵わないのかもしれません。

それは別として、つまらないと思ったのがケーブルレリーズ対応じゃないところ。
昔ながらの物理的なレリーズじゃなくて電子的なやつに対応しているのです。
物理的なレリーズにしろ、電子的なレリーズにしろ、使う方はほとんどいないと思うのですが、どうして電子的なレリーズに対応したのでしょうか。
レリーズには一切対応せずに少しでも安くするとか、どうせ使われないレリーズでも物理的なシャッターボタンにねじ込むアクセサリー類で遊べる余地を作るとか、選択肢は3つあると思いますがペンタックス17は一番意図がわからないものを選んだ印象です。
Bluetooth対応のレリーズが新規で発売するならわかりますが、そんなことはありません。
レリーズに関して、どこかのメディアが聞いて欲しいところです。

私はフィルムじゃなければダメって人間ではありませんが、フィルムはダメって人間でもありません。
フィルムで撮影される方、フィルムじゃなきゃダメって方にとって、このハーフ判カメラの発売によってフィルムで撮影できる状況がより長く持続するのであれば、それは素晴らしいことだと思います。
写真文化を支えるカメラメーカーの鑑と言えるでしょう。
それでも、仕様の意図は理解できません。

ただ、レリーズを使われる方はほとんどいないと思います。私がレリーズを使ったのは撮影した全体の0.1%もないはずです。
つまり、あまりにも些末な揚げ足取りです。
本当は私も使ってみたいのです。
新しいカメラ、使ったことがないカメラを使ったら、いつもとは違う写真が撮れるんじゃないか、令和の新フィルムカメラはそんな期待感を持たせるに十分じゃないかと思います。
posted by gr-digital.net at 21:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 b_entry.gif

2024年04月14日

折れた桜

R0009646

性格が曲がっているせいか、折れた桜の枝が好きです。写真の桜も枝が折れていて、それでも咲いています。
今シーズン、それほど雪が降らなかったのですが、12月に降った雪で近所の木は枝がかなり折れて、幹から倒れた桜も一つありました。
写真の桜もその時に枝が折れたものです。

新潟県民、特に新潟市民の雪が降らないという言葉は東京あたりの方は信じない方がいいのですが、せいぜい30センチくらいの雪なので本当に大した事のない雪だったのですが、タイミングかなにかのせいなのか、折れる時は折れてしまうようです。
折れても咲く時は咲くし、折れそうなのに折れない枝もあるし、世の中わからないものです。
posted by gr-digital.net at 20:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 b_entry.gif

2023年11月29日

はじめて四十肩になる

R0009228

ついに、四十肩をやってしまいました。
一昨日の朝、両手を上に上げて伸びをしたときになりました。
グキっと音がしたんじゃないかと思うくらいのグキ感があり、その瞬間から右肩から首が痛くなりました。
ただ肩は30分くらいで動くようになりました。
多少痛さはありますが、日常に不便はない程度。
一方で、首が痛い。
首の角度を30度から立てようとすると痛いくらい。足元から1m先を見れるくらい。
上半身を反らしてそのさきを見る必要がありました。
少し歩いていたら体が温まったのか、少しだけ首を立てられるようになりましたが座っているとまた痛くなります。
首が上がらないのでコーヒーカップの残りを飲み干すのが大変でした。
そして、寝るのが辛かった。
痛いせいなのか、まともに寝れません。
睡眠不足の翌日は首も多少は上がるようになり、ちょいちょい痛い程度でコーヒーカップに飲み残すこともなくなりました。
ただ気になることが一点。
検索すると、どうやら典型的な四十肩ではないようです。
ということは、これから先に典型的な四十肩が待ち構えている可能性が。
posted by gr-digital.net at 20:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 b_entry.gif

2023年08月29日

2023年8月雨が降らなかった新潟

7月19日に27.5mm、7月20日に1.5mmの降水量が記録され、8月28日の2mmまで降水量は記録されませんでした。
このまま、今年の8月の降水量は2mmになりそうです。
去年2022年8月の降水量は280.5mmで2021年8月は163.5mm、2020年8月は101.5mm。
ざっと見て8月の降水量が少なかったのは2010年の8月で39.0mm。
当時のことは全く覚えていませんが、ちゃんと降ったのは2日だけだったようです。
覚えていないので、たいしたことなかったのでしょう。

今年は記録的に雨が降らなかったのですが、忘れる前に写真と共に振り返ってみました。

R0008956
梅雨明け前の7月15日です。
今年はあまり傘を持って出ることが少ない気がします。冬の頃から。
ただ、そのせいで3回くら濡れました。

R0008998
8月7日の写真です。
たまたま万代橋を歩いていたらゲリラ豪雨みたいなのが見えました。
弥彦山が見えないので、その間に降ったと思われます。この雨雲は新潟市内へ向かっていましたが市内は降りませんでした。

R0009056
8月19日の写真です。
降水量が少なく、信濃川の水位が下がり海水が逆流しているとか。
信濃川が青く海っぽく見えるのはよくあるような気もします。

R0009087
8月26日に雨乞いをしてきました。
探すとなんでもあるものだと思いました。
写真はありませんが、その2日後、8月28日に降水量2mmを観測しました。
雨乞い成功です。
たった一度の成功に気をよくして、これからは雨乞い専門家になろうと思います。
よろしくお願いします。
posted by gr-digital.net at 19:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 b_entry.gif

2023年04月13日

僕が考えるモノクロ専用機の明確で最強なメリット

R0008804

R0008798

予告していたペンタックスのモノクロ専用機が発表されました。
モノクロしか興味がないって方は、これからも世の中に一定の割合で存在し続けるように思えるので、十分な需要はあるんじゃないでしょうか。

フィルムだとオルソとパンクロがありましたが、パンクロなんでしょう。
一口にパンクロと言っても感光特性は銘柄によってだいぶ違いがあり、写真工学だったか感光特性をグラフにして紙面に掲載していたような記憶があります。
というわけで、フィルム銘柄の感光特性を真似たカラーフィルターを付けたバリエーションとかあったら面白いと思いますが、流石に出ないでしょう。
モノクロ専用で、かつTri-Xっぽくしか撮れないデジカメとかロマンしかありませんが、フィルム銘柄毎にボディを揃えるユーザーがどれだけいるか。
少なくとも私には買えません。

ところで、ペンタックスには特定のレンズにだけ使える画像設定があります。
それを発展させ、特定のレンズと特定の光学フィルターを組み合わせた時にだけで使える画像設定でTri-X風になるとか、それなら実現できるのでは。
GRのワイコンみたいに、バヨネット式のフィルターとレンズの先端に接点付けて、フィルターとレンズの組み合わせをボディに伝えることも不可能ではないと妄想します。

この時代、後処理でどうにでもなりそうな気がするのに光学フィルターはかつてないほど盛況です。
接点はともかく、モノクロ専用デジカメ専用フィルターは出るでしょう。Tri-X再現とは言えないけど、それっぽいフィルターが。
出す予定がなければ出してください。
ちなみに私はTri-XよりTMAX400派です。フジの黒白はどうにも合わないのでコダックばかりでした。

買う気もないのに考えるだけで妄想が膨らむモノクロ専用機ですが、でも専用機のメリットってどれだけあるのかなぁと思ってしまいます。
最新のフルサイズミラーレスで撮影して後処理したものに対して、APS-Cのモノクロ専用機を使うメリットはどれほどでしょう。
明確なメリットはモノクロしか撮らない、退路を断つそんな覚悟でしょうか。

何がメリットなのかは人それぞれなので置いておいて、メリットがなければ商品化しないでしょう。
人それぞれではありますが、それでも私が考えるメリットを一つ、そしてそれは間違いなく確実に一つだけあるメリットを最後に挙げます。
モノクロ専用機の一番のメリットは気になる・使ってみたい、そこです。
posted by gr-digital.net at 22:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 b_entry.gif

2023年04月08日

もう八重桜が咲いている

R0008753
今年の桜は満開から5日も持ちませんでした。
あっという間に散ってしまいました。
そして、もう八重桜が咲き始めました。
いつもなら5月の連休が始まる前くらいに咲くので、3週間くらい早く咲き始めました。
染井吉野が4月はじめに咲くのはなんとなく受け入れられますが、八重桜がこんなに早く咲くのはちょっと信じられません。
写真を撮る前は恐らくそんなことは考えたことがなくて、花の名前なんて桜と梅と木蓮とチューリップとクロッカスと紫陽花と朝顔くらいしか知らなかったのに、写真を撮るようになってもう少し花の名前を覚えて咲く時期を覚えました。
それが何か役に立ったわけではありませんが、役に立たないものを積み重ねるらいが世の中丁度いいのでしょう。
posted by gr-digital.net at 22:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 b_entry.gif

2023年03月31日

桜と花粉

R0008513

R0008568

桜がほぼ満開になりました。
今シーズンの冬は10年に一度の大寒波みたいなやつが来るまではそれほど寒くありませんでしたが、あれが来てからはそこそこ寒かった記憶があります。雪はそれほど降りませんでしたが。
最後に雪が降った日に私の花粉症が始まって、ご存知のように大変な花粉の量に私も苦しめられ杉のピークが過ぎた今でも大変です。
桜がこれだけ早く咲いたのだから、あれやこれやの花粉だって早く始まって早く終るのでしょうか。
桜は少しでも長く、わけがわからない花粉はさっさとおしまいに、というわけにはいかないのでしょうね。
posted by gr-digital.net at 21:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 b_entry.gif

2023年02月17日

三寒四温

R0008316
受け入れがたいのですが三寒四温というのは冬の終わりを表現するものではなく冬へと向かっている季節を表現する言葉だそうです。
一週間のうち4日温かいなら冬に向かうかよ、と思い反発したくなります。
だったら春に向かう時は四寒三温なのかよってなるわけです。
でも四寒三温なら春に向かっているような気がします。
実際、今の新潟はそんな感じです。
まったく自分に甘い、都合がいいものですが、実感として寒い日と温かい日が混ざる日々がしばらく続き、寒い日の方が多いような気がして四寒三温なら理解できます。
でも三寒四温は無理です。
posted by gr-digital.net at 19:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 b_entry.gif

2023年02月14日

キスとキッス

R0008305

キヤノンがkissの名称をやめるそうです。
元々、日本でだけか東アジアあたりだけでkissを使っていたと思うのですが統一するのでしょう。
トヨタのヴィッツがヤリスになったようなものでしょうか。
私のようなおっさんにはkissの名称が気恥ずかしいのはよくわかりますが、もったいない気もします。
ところで私が好きなkissはメルティーキッスです。
冬季限定のチョコレートで今シーズンで12年目になるそうです。
もっと前からありそうな気がしたので12年目は少し意外です。
子供の頃はチョコレートの中に何かが入っているものは嫌いでしたが、いつの間にかメルティーキッスのように中に何かが入っているチョコレートも好きになっていました。
今では立方体のメルティーキッスよりも好きなくらいです。
さて、カメラの方は「キス」と発音すると思いますが、チョコレートの方は「キッス」です。
かつてkissのCMにも使われたI was made for lovin' youを歌ったのは「キッス」です。
ナンシー・シナトラのLike I Doは日本語タイトルがレモンのキッス。
カメラの方も「キッス」だったら結果が違ったのではないかと思わずにいられません。
「キッス」と比べると「キス」は生々しさがあって、気恥ずかしいのかなという気がします。
もちろん、EOS kissが生まれた時の感覚はそうではなかったのでしょう。
ミラーレスになったあたりで「キス」から「キッス」に変わっていたらと思わずにはいられません。
posted by gr-digital.net at 21:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 b_entry.gif

2023年02月13日

名門ボードゲーム部

R0008301

名門リコー将棋部が快挙をなしたわけですが、リコーって棋戦のスポンサーやっていないイメージがあります。
調べたわけじゃないので、実際はしているのかもしれません。
リコーが開発した自動棋譜入力がありましたが、結局あれは実用化したのでしょうか。
自動棋譜入力はスマホアプリ化すればいいのにと思います。
スポンサーでいえば電竜戦の協賛くらいしたらいいと思うのですが、しないのは何かあるのでしょうか。
あんまり関係ないような気もしますが、タミヤが自動運転ラジコンレースで圧勝したことを考えるとリコーも電竜戦を荒らしてもいいのでは。

https://www.youtube.com/watch?v=FZ3F-rzM2cU

電竜戦はともかく、建て替えたら杮落としに三愛ビルでタイトル戦を誘致してみてはと思います。
タイトル戦でなくても非公式戦で銀座杯とかどうでしょうか。
ソニーとか歌舞伎座を巻き込んで、おやつスポンサーはいくらでもいるでしょう。
私はたちばなのかりんとうが好きです。木挽町の焼印が入ったどら焼きも嬉しいです。昔、どら焼きをもらった気がしますが焼印を作ったならGR meetで配ればいいのに。
プレイヤー人口でいえば将棋よりも麻雀の方が多そうなので、麻雀で感想戦と不完全・不確定で評価が可能なアプリとかあったらとも思います。
リコー将棋部はボードゲームの名門ですから、もっとアピールしたらいいのにという話でした。
posted by gr-digital.net at 20:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 b_entry.gif

2023年01月29日

憑き物が取れた日

R0008284
前回、電源が入らないと書いたのですが、その後毎回電源がちゃんと入ります。
10年に1度の寒波が来る前から、なんなら夏だって押しても電源が入らないことがあったというのに何回でも連続で電源が入ります。
電源ボタンを押しても無反応ということが全くありません。
バッテリーのへたりじゃなくて電源ボタンの押し方が悪かったのでしょうか。
試しに色々な指で押してみましたが、どの指でも電源が入ります。
それまでが嘘だったかのように、憑き物が取れたかのように電源が入ります。
この半年くらいでしょうかゴリラポッド用のクイックシューを付けているのですが、バッテリーのへたりじゃなければこれが悪いんじゃないのかと訝しんでいたのですが、クイックシューを付けたままですんなりと電源が入ります。
本当に憑き物が取れたとしか思えないくらいです。
そんな非科学的な考えを採用したくなるほど、電源が入らなかったのです。
一方で、相変わらずOKボタンはぎゅーっと押さないと反応しません。
これも何かが憑いているのかもしれません。
posted by gr-digital.net at 21:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 b_entry.gif

2023年01月26日

待ち遠しいもの

R0008270
クソ寒いので我が家の水道も凍ってしまいました。
凍ったっぽいところにカイロを貼って、その上からプチプチを巻いたら思っていたよりもすぐに水が出てきたので特になんともありませんでした。
朝の5時に一度目が覚めて、水道凍ったかなと思って使った時は確かに流れていたのです。
なんだ大丈夫じゃないかと二度寝をしているうちにやられました。
幸い、メーターの動きを見る限り破裂とか漏水はなさそうです。
せっかくですから、凍結に負けず一面銀世界の写真を撮ればいいのですが、私のGR3は寒いと電源が入りません!
バッテリーがヘタっているせいだとは思いますが、なかなか動きません。
そして、バッテリーとは関係なくOKボタンをぎゅーっと強く押さないと反応しません。
OKボタンが駄目なら寿命かとも思いましたが、案外なくてもなんとかなります。
なんとかなるうちにGR4が出ないものかと春よりも待ち遠しくしております。
posted by gr-digital.net at 20:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 b_entry.gif

2022年12月20日

ペンタックスが令和最新版フィルムカメラを作るというので

R0008221

我が新潟は2日近く降り続けた雪に埋もれましたが、冬の初めのせいか案外溶けていくので嵩はそれほどでもありません。
ピークは50センチくらいあったのに、それからは降っても降っても高さは変わらないどころか少し低くなるくらい。圧縮されて重くなっているわけですが。
ただ、ずーっと絶えず降り続けていたので影響は大きかったようです。
そんなわけで雪の写真を撮る気力はありません。
そんなことよりも、ペンタックスがフィルムカメラを作るというニュースです。
最初はコンパクトカメラで次にハイエンド、その次が一眼レフ?
コンパクトカメラは中古が高騰して、フジのナチュラなんて一時10万円くらいだったような。
その後、なんでもないようなコンパクトカメラまで3〜4万円とかで、確かにフィルムカメラを始めるには難しい状態です。
最初に一眼レフじゃないのは、フレキが切れたら修理できないようなコンパクトカメラと違ってLXとかはなんとか修理が出来るのでしょう。
ペンタプリズムの再蒸着とか今でもやっているところがあるのかわかりませんが、修理代を考えなければ部品自体はニコイチ、サンコイチで使っていっても足りるでしょうし。
さて、どんな新しいコンパクトカメラなら欲しくなるかというと、オリンパスのXAです。
モータードライブは難しいと思うので、写ルンですと同じ巻き上げダイヤル式のXAがいいんじゃないかと思います。
あとはハーフサイズにするかどうか。
ペンタックスじゃなくてリコーの有名なコンパクトカメラといえばGRの他にオートハーフがあります。
さらに、フィルムが高いから72枚撮れたら嬉しい!
デジタル時代のレンズをフィルムで、それもハーフ判で撮ったらどんな感じになるのか興味があります。イルフォードのPANF PLUSが現存するうちに。
今更遅いという意見もあるかと思いますが、フィルム需要が底を打った感があるんじゃないでしょうか。
データを持っていませんので知りませんが。
とはいえ、フィルムカメラを出すのは2年後です、みたいなのじゃ手遅れになるんじゃないのかと素人は愚考します。
posted by gr-digital.net at 21:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 b_entry.gif

2022年12月08日

北アフリカ

R0008238

トニー・ガトリフの映画に「愛より強い旅」っていうのがあります。
フランスに住む男が自身のルーツであるアルジェリアに行くロードムービーです。
そんなことは関係なくて、モロッコがスペインに勝ちました。
アルジェリアもモロッコも地中海に面した北アフリカで似たようなもんだろう、私にはそんな雑な知識しかありませんが、Wikipediaを見るとアルジェリアとモロッコは仲が悪いようです。
国交断絶ということなので、相当悪いようです。
モロッコで産出したガスをアルジェリアを経由するパイプラインでスペインに送っていたそうですが、アルジェリアはパイプラインを止めているそうです。
ところで、ワールドカップに出場しているアフリカ各国の代表のメンバーには出生国がヨーロッパの選手が多くいます。
ワールドカップ出場登録選手の出生国は、恐らくフランスが一番多いでしょう。
恐らく今回だけじゃなく前回も。
フランス代表になれないからルーツの代表になる、みたいな批判もあるにはあります。フランスがいいとこ取りしてズルいというわけです。
一方でフランスは移民であっても子育てしやすい国、という面もあるのでしょう。とはいえ、旧植民地の影響は色濃くありそうです。
ワールドカップの地域予選は抽選といいつつ対立の激しい地域は別グループになるように謎の力が働いていると言われます。
そんな配慮が働かなくてもよくなればいいですが、世の中そんなに甘くないんでしょう。

どうでもいい話のついでに、トニー・ガトリフの「ガッジョ・ディーロ」はアマゾンのプライム会員特典で見ることができます。
私の中の1位なんで見てください。
トニー・ガトリフの「ベンゴ」は私の中の映画の冒頭1位です。
プライムビデオにはありませんがyoutubeを検索すると冒頭があるのでこれも見てほしいです。
posted by gr-digital.net at 21:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 b_entry.gif

2022年12月03日

ワールドカップのカメラシェアが気になる

R0008142

ワールドカップを見ていてやっぱり気になるのがカメラです。
見ているとキヤノンが圧倒的で、ニコンとソニーがちらっと写ったような気がするくらい。
ソニーはストラップが写ってようやくわかったくらいでカメラを見ても気が付かないのかも。
ニコンは写ってればなんとなくわかります。
結局、キヤノン凄いんだなぁと。

ちなみに東京オリンピックでは
東京2020オリンピック競技大会でキヤノンの報道用カメラがトップシェア

ラグビーワールドカップでは平均75%
キヤノン、ラグビーワールドカップで同社製カメラ使用率1位を達成

オリンピックからキヤノンのシェアは増えていて、サッカーではさらに増えて9割くらいありそうに見えますが、どのくらいなんでしょうか。

そして私の決勝予想はブラジル対イングランドです。
フランスの評判の高さが理解できません。直接対決があればイングランドでしょう。
ブラジルは途中で息切れするような気がしなくもないですが、対抗らしい対抗がいないので。
日本はクロアチアにさえ勝てればワンチャン決勝まであるんじゃないかと妄想しています。
posted by gr-digital.net at 21:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 b_entry.gif

2022年11月23日

「目のまえ感」と「撮ってる感」

R0008174

R0007778

f3

今回「目のまえ感」というタイトルをつけました。
目の前を撮っているのは当然なのに、目の前を撮っている感じがないような気がしてそうしました。
目のまえ感を損なっているものはなんだろうと考えた時、撮っている感ではないかと仮定しました。
今回は「撮っている感」を排除することで「目のまえ感」を出そうと考え、写真を撮り選びました。
具体的に「撮っている感」を排除する方法の一つに両手を写しました。
普通は右手でカメラを使います。左手に何かを持って右手でそれを撮影します。
これは「撮っている感」ではないかと考えました。
そこで両手を写すことで「撮っている感」を軽減できるのではないかと考え、それを1枚。
他には撮影している、カメラを構えている右手の影が写っていない影の写真を多く構成しました。
右手でカメラを構えれば当然影になります。両手を写すことと同様に、カメラを構えている右手の影を排除することで「撮っている感」の軽減を図りました。
結果、「目のまえ感」が出ていたのかというと、難しかったかなと思います。
「目のまえ感」を損なうものを「撮っている感」とする仮定に無理があったようです。
posted by gr-digital.net at 19:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 b_entry.gif

2022年11月21日

6人展終わる

R0008150

人数は変わっているものの11回目の6人展が無事に終わりました。
11月も終わりそうな新潟の割に天気も悪くなく、悪くないどころかかなり恵まれました。
そして沢山の方に見ていただきました。
ありがとうございます。
posted by gr-digital.net at 21:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 b_entry.gif

2022年11月14日

ドアの写真

R0008148

11月17日(木)から新潟市中央区砂丘館の蔵で始まる6人展では、ドアの写真を4枚使う予定です。
いずれも外にあるドアで、私は外にあるドアが好きだからです。
なんで好きなのかというと、確実にどこかに繋がっているけど、それがどこなのか、どんなところなのか、わからないところが好きです。
そんなドアはデビット・リンチの映画を私に想起させます。
アメリカの田舎にある建物のドアへ、吸い込まれるようにそのドアの向こうへ行くのが私のデビット・リンチのイメージです。
できればドアを入った先も写したいのですが、ドアの先を感じる場所がありません。
これまで一度だけドアの向こうを感じたことがありました。
それは川崎にありました。20年近く前の夜ことです。
通りかかった時に開いたドアの向こう側はうなぎの寝床のように細長い通路になっていて通路を照らす照明は赤。それがデビット・リンチの映画のようだと思いました。
その時はドアの向こう、通路へ入っていかなかったのですが、数日後か数週間後か、少し時間を置いて勇気を出して入ってみようと思い探したのですが方向音痴のせいでしょう、探しても結局見つからず。
この経験は写真を撮る前のことですが、これが写真を撮る動機に繋がっているのかもしれません。
posted by gr-digital.net at 19:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 b_entry.gif

2022年11月11日

最近高くなったいる気がする

R0008146
なんとなく、最近明瞭度が高くなっているような気がします。
GR3のファームをアップしてそうなったのかLightroomがそうするのか、単に気のせいなのかわかりませんが。
もしかしたらスマホで撮られた写真を見慣れたせいで、勝手に脳内で明瞭度を高くしているのかも。
気のせい説が有力でしょうか。
posted by gr-digital.net at 22:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 b_entry.gif

2022年11月06日

量子夢理論

R0008029

少し前からどうして夢の内容はすぐに忘れるのか考えていました。
もっともらしいことを書いているように思われるかもしれませんが、トンデモなのでどうか真に受けないで欲しいのですが、それでも考えをまとめるために書いてみようと思います。
夢っていうのは寝ている時に見る方の夢です。
目が覚めた時に夢を見ていたという実感はあるのですが、あれどんな夢だったかなとなってしまいます。
起きた瞬間にはなんとなく夢の手応えのようなものがあっても、牛乳を飲む頃には内容をすっかり忘れてしまいます。
それでも時々、ほんの少しだけ夢を覚えていることもあります。
その内容は自分自身が持つ記憶を再現するようなものではなく、まったく知らない場所だったり、まったく知らない人が出てきたり、空を飛んだり、何かから逃げたり、車のブレーキが効かなかったり。
いずれにせよ、現実の体験とは違うことがほとんどです。
自分が体験していないことを夢で見るというのも不思議なことですが、もしかしたらそれは誰かが体験したことかもしれない、そんな気もします。
じゃあ誰が体験した記憶なのかというと「平行世界の自分だろう」そこにたどり着きました。
ここで平行世界はエヴェレットの多世界解釈を指します。
エヴェレットの多世界解釈を知りたいのであれば、「数学的な宇宙」これはKindle版すら終売で手に入りにくいので、今のところ手に入るブルーバックスの「不自然な宇宙」をおすすめします。
エヴェレットの多世界解釈というのは、もつれた量子にはそれぞれの世界がある、という仮説です。
もつれた量子を同時に観測できない以上、多世界解釈を立証することは不可能で、どこまで行っても仮説にすぎませんが、もつれた量子の不自然さを説明することが可能になります。
ところで、我々にもっとも身近な量子といえば量子コンピュータでしょう。
最近ではShorのアルゴリズムに続くアルゴリズムをついに発見したことが話題となりました。
https://group.ntt/jp/newsrelease/2022/10/31/221031b.html
これにより、量子コンピュータが汎用性を持つ可能性が生まれました。
その量子コンピュータですが、古典コンピュータと比べどうして組み合わせ問題が圧倒的に速いのか、実は説明ができていません。
量子コンピュータの生みの親の一人として数えられるDavid Deutschは、量子コンピュータは多世界で計算を分担していると考えているそうです。多世界解釈の支持者です。
多世界解釈の支持者として高名な学者に2020年にノーベル物理学賞を受賞した Roger Penroseがいます。
Roger Penroseは脳の機能は量子の性質に由来するという量子脳理論を発表しています。
ただ、量子脳理論は正しくないと後に訂正をしています。
訂正の理由に脳内にもつれた量子が存在する可能性が低いことを挙げています。
しかし、最近になって脳内にもつれた量子が存在する可能性が示されました。
https://gigazine.net/news/20221021-brains-quantum/
これは脳機能が量子に由来することを意味するわけではありませんが、量子脳理論の議論を再開するには十分でしょう。
人間の脳は古典コンピュータよりも計算能力で劣りますが、古典コンピュータでは実現できない能力を持ちます。
例えば車の運転です。
誰でも出来る車の運転を(現状)古典コンピュータでは実現できていません。
テーブルゲームにおいては人間は古典コンピュータには勝てませんが、消費カロリーを人間程度に抑えると古典コンピュータは人間(渡辺名人や藤井竜王)に勝てない、そんな指摘もあります。
何が言いたいのかというと、脳機能は古典コンピュータとは別物と言えるのではないでしょうか。
つまり、脳機能を再現するには量子コンピュータの方が適している可能性があります。
そして量子コンピュータが多世界で計算を分散しているのであれば、私の脳も皆さんの脳も多世界に存在しているはずです。
量子コンピュータが多世界で計算した結果を一つの世界にまとめるように、記憶をまとめる瞬間が夢じゃないのか。多世界で見聞きした内容が確率的に混ざりあい、それが夢となって再生されるのではないか。
それは脳の記憶領域にはないので、目が覚めると忘れてしまう。
再現性のない多世界解釈は科学倫理的には非科学的と捉えるべきでしょう。もちろん科学倫理を参照するまでもなく、以上の私の妄想は非科学的です。
posted by gr-digital.net at 22:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 b_entry.gif