2018年01月12日

沢山雪が降る

G0079713

昨日は3回くらいにわけて雪かきをして最後は寝る前にやるくらいで私は雪かきがそんなに嫌いでもないのですが、雪を置く場所がないのは困ります。田舎なんだからいくらでもありそうな気がしますが、案外ないものです。
沢山積もりましたが、今のところはまだなんとか雪を置く場所はあります。積もった量はそれほど極端なものではありません。ただ、1日でこれだけ一気に降るのは極端です。
電車も立ち往生するでしょう。
posted by gr-digital.net at 20:37 | Comment(0) | 日記 b_entry.gif

2018年01月08日

あけましておめでとうございます

G0079675-Edit-Edit

冬の新潟にしては穏やかな天気が続いていましたが、とうとういつもの新潟になりそうです。
さて、新潟は何地方なのかという問題があります。
東北、北陸、北信越、関東甲信越、中部、などの分類がありますが、私は裏日本がいいのではないかと考えています。
写真で裏日本といえば濱谷浩です。戦中に新潟の高田に疎開したのが縁?となり日本海側を撮影した写真集が「裏日本」です。
裏日本という言葉には侮蔑的な意味合いを感じ取るかもしれませんが、現状で太平洋側が中心となっているのだから日本海側は反対側という意味で裏でもいいんじゃないかと考えています。厨二病的に裏の方がカッコイイという捉え方もあるでしょうし、裏であっても卑屈になることもないでしょう。
日本海側の都市にも色々ありますが、新潟には海も山も川もあれば、50Hz も60Hzもあるし、佐渡もあるし、新潟には日本海側を代表して堂々と裏日本を名乗って欲しいと思っています。
posted by gr-digital.net at 20:58 | Comment(0) | 日記 b_entry.gif

2017年12月30日

デジカメ界2017年のニュース

G0079502-Edit

今年のデジカメ界のニュースといえば、GRシリーズがついに2年縛りをやめたことでしょう。もしかしたらD850 かα9かもしれませんがどちらも手にすることはなさそうなので私には全く関係のない話しです。
携帯電話の2年縛りとGRシリーズの2年縛りとどちらが長いのかわかりませんが、2年は色々と都合がいいのでしょうか。
携帯電話はガラケーからスマホにかわり、iPhoneの例のニュースが象徴するように製品のライフサイクルは短くなったと思いますが、デジカメの方はむしろ長くなったかもしれません。
600万画素から800万画素、1000万画素、1200万画素くらいまではどんどん進んだような気がしますが、1600万画素の頃からフルサイズも珍しくなくなり、その影響なのかAPS-Cは足踏みをしているような印象があります。実際、GRは4年間1600万画素です。
それでもGRはGR2になりましたが、2年縛りはやめてGR3はまだ出てきていません。
2年と数ヶ月の沈黙を破りGR3の登場が2018年最大のニュースにならんことを祈念して新年を迎えます。
posted by gr-digital.net at 22:05 | Comment(0) | 日記 b_entry.gif

2017年12月20日

GR3はちゃんと出そう

G0079515-Edit

カメラ雑誌が一斉に発売になりましたが、日本カメラに各社の今後の展望みたいな記事がありました。我らがリコーイメージングも当然誌面が割かれていましたが、GRのことがしっかりと書かれていました。
間違いなく来年にはGR3が出ることでしょう。
読んだ感じだと、GR3ではインターフェイスが随分変わるんじゃないかなぁという気がしました。初代GRDから引き継ぎ下位互換のようなところがあるので刷新する可能性は高い、というか変えた方がいいんじゃないかと思います。
変えるとどうしても使いにくくなったと言われると思いますが、慣れるでしょう。
あと、GRが実質4年続いているみたいな発言があり自覚あるのかよと思ってしまいました。

日本カメラ 2018年 01 月号 [雑誌]

日本カメラ社 (2017-12-20)

posted by gr-digital.net at 20:14 | Comment(0) | 日記 b_entry.gif

2017年12月16日

雪の山手線

G0079447-Edit
山手線に雪が降ったわけでなく新潟で作られて試運転に出てきたのに雪が積もったところです。今ではその雪もさっぱり消えてしまいました。
それにしても、この電車は下の方がずいぶんスッキリしているように見えます。新潟を走っている新しい電車はもうちょっと何かくっついているような気がします。
山手線は満員になっても遅くならないように軽量化されているのでしょうか?
posted by gr-digital.net at 21:59 | Comment(0) | 日記 b_entry.gif

2017年12月11日

新潟の冬

G0079430-Edit

新潟の冬は基本的に空を雲が覆って太陽は見えません。とりあえず雨か雪が降ります。12月から2月、1日中青空が続く日は月に2〜3日あるかどうかでしょう。
嫌ですが嫌いでもありません。
天気が悪い日が続くので気まぐれなのかたまに陽が射すと射す光には肯定的な感情ばかりです。
posted by gr-digital.net at 23:05 | Comment(0) | 日記 b_entry.gif

2017年12月07日

昨日も今日も明日も何か降っている

G0079431-Edit

どかっと雪が降ると翌日あたりは景気良く晴れる気がします。淡々と雪が降ると晴れない気がします。
昨日はどかっと雪が降ったので今日は晴れました。晴れましたが、夜になって雨が降りました。つまり、昨日も今日も何か降っています。
たぶん、明日も何か降ってきます。何かといっても雨か雪の二択ですが。
posted by gr-digital.net at 21:14 | Comment(0) | 日記 b_entry.gif

2017年12月03日

スーパームーン

G0079391-Edit
スーパームーンという言葉がいつの間にか定着したような気がします。いつ頃から使われていたのでしょう?昔からあったけど気にしていなかっただけでしょうか。
それにしても、今日の月は怖いくらいに明るかった。
posted by gr-digital.net at 22:38 | Comment(0) | 日記 b_entry.gif

2017年12月01日

ぼくは忖度が読めない

G0079341-Edit

忖度は読めなかったし意味も知りませんでした。忖度と同じ意味でもっと知名度のある言葉もあるんじゃないかと思いますが、どうして忖度が使われどこから忖度が使われるようになったのでしょうか。
忖度という言葉に縁がないせいかしばらくは読めなかったのであの字を見たらスーザン・ソンタグを思い出すようにして、なんとか読めるようになりました。

反解釈 (ちくま学芸文庫)
スーザン ソンタグ
筑摩書房
売り上げランキング: 87,054

posted by gr-digital.net at 20:23 | Comment(0) | 日記 b_entry.gif

2017年11月29日

こんなGR3は嫌だ

G0079306-Edit

内蔵フラッシュがない
私は結構内蔵フラッシュを使うので、内蔵フラッシュがなくなるのは嫌です。
ただ内蔵フラッシュ使う派は少ないような気がするので、なくなる可能性はあるのかなぁと思っています。
内蔵フラッシュをなくしてファインダーを付けた方がインスタ映えを気にされる方に受け入れられそうな気がします。

ホットシューがない
内蔵フラッシュがなくても最悪ホットシューがあればフラッシュが使えます。
内蔵フラッシュはあるけれどホットシューがない、のはダメです。GR1はホットシューがないんだから内蔵フラッシュがあればいいでしょ、というのはわかりますが私は嫌です。
優先度では内蔵フラッシュ<ホットシューです。

1600万画素
画素数が多いほどいい、というのは過去の話のような気もしますが、テレビは4kが当たり前に売られ、いずれそれが6kや8kになるのは目に見えているので、モニターで写真を鑑賞するなら画素数が多い方がいいに決まっています。
紙にプリントするにしてもある程度の大きさにする余地を考えたら画素数が多い方が有利です。
ただ、最近のAIとかなんとかで画像処理技術が向上を考えると必ずしも撮影時の画素数を重視する必要はないのかもしれません。ある程度の画素数で抑えノイズを少なくすることで画像処理による補完が上手くいくでしょうから画素数を増やすよりもノイズを少なくする方向なのかなぁとも思います。素人には皆目検討がつきません。

ボタンがない
ガラケーに対しスマホは物理ボタンをなくすことで操作の自由度が増しました。デジカメもボタンをなくす方向に向かってもおかしくはない気がします。
ファインダーを覗くカメラでは物理ボタンがあったほうがいいと思いますが、ファインダーを覗かないカメラでは物理ボタンがなくてもいいのかもしれません。
ボタンのないデジカメも使ってみたい気がしますが、片手では使えないだろうなぁと思うとボタンが欲しいと思います。
posted by gr-digital.net at 19:35 | Comment(0) | 日記 b_entry.gif

2017年11月22日

デジタルカメラの軍艦

G0079238-Edit

ライカがCLというミラーレスを発表しましたがカッコイイですね。いわゆる軍艦部が軍艦っぽくて。
バルナックライカの頃の軍艦と今時の駆逐艦とか日本だと護衛艦だと見た目はだいぶ違うんじゃないかと思いますが、それでも軍艦部っていう感じがあります。
でもCLという名前からは小さい四角いカメラを思い浮かべるので、私ですらそうなので、もしかしたらライカファンからは違和感があるのかもしれません。

ライカがフィルムカメラで使った名前をデジタルカメラで使ったものはこれが初めてでしょうか?SLはフィルムカメラでもありますが、フィルムカメラのSLはMやRと区別するためかライカフレックスが付くことが多いような気がするので、SLとだけ表記されたらデジタルのイメージが湧きます。

デジタルのCLが出てCLといったらミノルタじゃなくてミラーレスという日もすぐでしょう。カメラといったらフィルムじゃなくてデジタルなのは現状からしても明らかなので、しょうがないことです。
フィルムがあるうちに、これだ!みたいな写真をせめて1枚フィルムで撮りたいとは考えていますが、数で勝負のデジタルを出し抜くのは難しい。
posted by gr-digital.net at 19:21 | Comment(0) | 日記 b_entry.gif

2017年11月17日

鼻をすする音が気になる

G0079264-Edit

電車で隣の人が鼻をすすっていたのですが、それがどうにも泣いている時のそれのような気がしてなりません。
寒くて鼻をすすっていたのかもしれませんが、なんとも慎ましやかというか弱々しい。
ほとんどの人が電車で鼻をすする時、無意識だと思います。無意識なので、ズズズーっと案外大きな音になっているように感じます。しかし、隣にいた人は違うのです。随分と控えめなのです。
本を読んでいたので隣に座ってからしばらくは気が付かなかったのだと思いますが、ふと気がつきました。気がつくと気になる。
もしかしたら、泣いていることを悟られまいとして出来るだけ音を小さく、それでも鼻をすすらないわけにはいかない、そんな鼻のすすりではないかと思えてきてこちらももらい泣きしそうになりました。
果たしてそれが泣くのを我慢した結果の鼻のすすりだったのか、単に寒かったからなのかはわかりませんでした。
隣りに座る人の顔を覗き込むわけにもいきませんし、先に降りるなら立った時にチラッと見ることも出来たと思いますがあちらが先に降りました。立った時にちら見するチャンスはあったかもしれませんが、見えませんでした。
金曜日の夜だから単に酔っていたのかもしれません。
覚えていたら泣いている風に鼻をすすって周りを惑わしたいと思いますが、オッサンが泣いたところで不快なだけでしょう。
posted by gr-digital.net at 21:53 | Comment(0) | 日記 b_entry.gif

2017年11月14日

バリカンを買う

G0079144-Edit

私は既に四半世紀坊主ですが、バリカンを使って自分で切っています。
なんと今使っているバリカンはまだ2台目で、この度ついに3台目を注文しました。まだ壊れているわけではないのですが、切れ味が悪くなっているような気がするので新しくすることに。2台目のバリカンは地球1周分くらいは私の頭の上を動かしたと思います。
それにしてもバリカンは長持ちですが、髪はそれ以上に丈夫な気がします。
髪の毛もタンパク質かなんかだと思いますが、腐敗してぶよぶよになったりしたのを見たことがありません。人毛のかつらもそうですし、羊の毛のセーターなんて2台目のバリカンより昔、20数年前のものをまだ着ています。
手持ちの40〜50年くらい前の革製品も腐敗しないし、タンパク質だから腐るというわけではないのでしょう。
それに比べるとデジタルデータは弱そうだなぁと考えずにはいられません。ネット上で消滅しない残り続けるデータもそれで問題ですが、面倒くさいですね。
posted by gr-digital.net at 21:17 | Comment(0) | 日記 b_entry.gif

2017年11月11日

小説に書かれているような事を私も感じたい

G0079100-Edit-Edit

小説を読んでいると私以外の人はこんなに色々と考えて感じているのかと少し怖いような気になることがあります。
例えばラーメンを食べる時、私は基本的に上から食べます。有名な二郎では上に載った大量の野菜をだいたい食べてから麺を食べます。何も考えずに無心で食べます。色々なことを感じて考えていたら完食出来ません。
でも小説だとそうではない。あれこれと書かれるでしょう。
これだけ多くの小説が本屋に並んでいるのは、それなりに共感やそれに類するものがあるからでしょう。全てではなくてもある程度の割合で。ということは、満席の二郎には少なくとも数人は小説になるようなことを感じ取りながら食べている人がいると考えるべきでしょう。もちろん、それを言葉に出来るかどうかは別です。アウトプットは別としてもインプットは小説で書かれるようなことを行っている人がそれなりにいると考えるべきでしょう。
私なんかは雀いた!とか猫がいた!とか、見たことを見たままその先がありません。しかもすぐ忘れるし。
posted by gr-digital.net at 22:01 | Comment(0) | 日記 b_entry.gif

2017年11月10日

違和感とドリフターズの存在

G0079139-Edit

エイリアンズとEnglishman In New Yorkは似ているようで違って、その間を取り持つとしたらロスト・イン・トランスレーションなのかなぁと。
いずれも目の前の違和感みたいな事が題材だと捉えています。
その辺を遡ると色々あるかと思いますが、ドリフターズは避けられないでしょう。
8時だよ全員集合のドリフターズです。
ブレイクビーツにのせてどうでもいい歌を唄うドリフターズは本邦の音楽の流れでどのような立ち位置にあったのか、私気になります!
サンソンでもドリフターズが流れたら山下達郎が語りそうですが、残念ながら私が聴いている時にそれはありません。
posted by gr-digital.net at 21:35 | Comment(0) | 日記 b_entry.gif

2017年11月09日

40を過ぎて感じる衰えと感覚

G0079066-Edit
今年40になったのですが、40になるちょっと前から一気に体の衰えを感じます。
その一つが、二郎の小豚がきつくなったこと。

新潟の二郎は量が少なめと言われますが、それでも普通のラーメンよりもずっと量は多い。ラーメンとハンバーガーは一気に食べる事にしている私は一般的なラーメンなら5分あれば十分。二郎の小は7〜8分あれば食べられたのに、今では10分くらいかかります。小豚になると15分はかかります。
これはもうギルティです。

二郎はともかく、食べる量が減ってきたら実写版の孤独のグルメが以前ほど楽しめていないような気がします。食べたい!という気持が以前ほど盛り上がってこないように感じています。それでも見てしまいますが。

以前勤めていた会社に、朝ごはんを食べて始業前にもう一食食べる人がいたのですが、その人は「若い内に沢山食べたほうがいい」みたいなことを話していてイヤイヤイヤ今でも十分に人より多く食べているでしょと思っていましたが、二郎の小を7分で食べていたのが10分になって衰えを感じたことがそういうことなのかもしれません。人によっては10分でも十分に早いのかもしれませんが、7分くらで食べていた時の方が美味しかったような気がしてならないのです。

早く食べたから美味しい、美味しいから早く食べた、ということではないはずです。私が好きな保坂和志は、夢中になって一晩で読み終えたなんてのは嘘で好きなものほどじっくりと味わうものだ、みたいなことを言っていて、ショートケーキの苺をとっておくタイプの私もそうだと考えています。

それなのに二郎を食べる時間が長くなっていくと体が衰えて二郎を味わえていない、体感できていないような気がします。

二郎は味よりも体験が好きなのかもしれません。写真もカメラも体験に引きずられているような気はしなくもありません。
posted by gr-digital.net at 22:26 | Comment(0) | 日記 b_entry.gif

2017年11月06日

カメラは写真への片思い

G0079120-Edit

白黒が好きですが、カラーには敵わないという気はいつもしています。
デジタルになり白黒は逃げているという批判みたいなのがあり、確かにそういうところはあるような気がしています。
ただ、白黒が好きなものとしてはカラーに対する憧れみたいなのがあります。カラーならもっと簡単に出来るような気もするし、カラーでは出来ないという気もするし。単純なようで単純でないところが写真に近づけそうでいつまでも近づけない、追っても追えない片思いのようなところがあるのでしょう。
GR3はそういう片思いみたいな気分が感じられるものになればと思います。より自由に好きなように撮れるからこそ、撮りたいものが撮れないカメラがいい。
posted by gr-digital.net at 22:46 | Comment(0) | 日記 b_entry.gif

2017年11月05日

よかったよかった

G0079106-Edit
無事に7人展が終わりました。よかった。
そして、奨学金の返済完了証?みたいなのが届いていたことに今朝気が付きました。9月で終わったはずだけど何も言ってこないんだなぁと思っていたところでしたが、ちゃんと終わっていたようで安心しました。
よかった。
posted by gr-digital.net at 21:41 | Comment(0) | 日記 b_entry.gif

2017年10月31日

7人展の準備は終わらない

G0079063-Edit

明日搬入だというのに、未だに準備が終わっていません。
最後の最後は会場でやろうと考えているくらいなので終わらないのも無理はないのですが、それでも算段がまだついていません。
夏休みの宿題は序盤にあらかた済ませるタイプでしたが、序盤で済ませなかった残りは夏休み明けにやっていたので、義務教育の頃の気持を取り戻したのかもしれません。
良く言えばショートケーキの苺を最後まで残すタイプ、悪く言えば何でしょう私は知りません。クズが妥当でしょうか。
posted by gr-digital.net at 22:05 | Comment(0) | 日記 b_entry.gif

2017年10月29日

レンズと撮像素子の組み合わせ、それぞれの良さを引き出す組み合わせ

R5069944-Edit

オリンパスのマイクロフォーサーズ用レンズのすごく高いやつは意味あるのかなぁと思わなくもないのですが、撮影サンプルを見るとレンズの良さが伝わってきます。
フルサイズの4000万画素とかの撮影サンプルを見ると、めちゃくちゃ写っているのはわかるのですが、レンズの良さという感じはありません。撮像素子が凄いんだろうなぁというのが先行します。
フィルム写真を踏まえた写真ぽさならマイクロフォーサーズにいいレンズの組み合わせの方がそれっぽい気がします。フィルムの頃を無視出来るならフルサイズの方がいいと感じるかもしれません。
GXRの50mmはレンズの圧勝なので今の撮像素子を組み合わせたら、と今でも未練がましく思っています。
posted by gr-digital.net at 21:45 | Comment(0) | 日記 b_entry.gif