2019年12月09日

森村泰昌の新書が分厚くて読み終えるのは春になりそう

R0004004-Edit
本屋をぶらぶらしていたら、森村泰昌の新書があったので買いました。
読んでいる途中の本がいくつもあるし、これから読もうという本もいくつかあるし、その新書がやたらと分厚いから今買わなくてもと思いましたが、光文社新書なので買いました。
光文社新書は気がつくと売っていない印象があるので。
自画像のゆくえというタイトルで、ペラペラみた感じでは自画像のことを書いたもので、どうやら書き下ろしのようです。あまりにも分厚いのでどこかで連載していたものかと思いましたが。
積ん読というのはあまりやらないのですが、溜り始めていて4月中には読み終える予定です。読んだ頃にまた何か書けたら。

自画像のゆくえ (光文社新書)
自画像のゆくえ (光文社新書)
posted by gr-digital.net at 19:26 | Comment(0) | 日記 b_entry.gif

2019年10月24日

壊れたパソコンが直る

R0003753-Edit

おととい、パソコンがフリーズしたので掃除をしたりCPUクーラーのグリスを塗り直したりしていたら、動かなくなってしまいました。
BIOSが立ち上がらないくらい、全く動きません。
以前からグラフィックボードの調子が悪い気がしていたので(めちゃくちゃホコリがつまっていたのに気が付きグラボが悪いのだろうと予想していたので)一番安いクラスのものに交換したら難なく動くようになりました。
元々ついていた謎のグラボは小さいファンがついていましたが(ついているとは知らずホコリを貯めてしまい熱でやられたのでしょう)新しいのはファンレスなので少し静かになりました。
あと数年で10年を迎えるパソコンですが、色々と交換しましたおかげなのか、まだまだ使えそうで助かります。
posted by gr-digital.net at 19:53 | Comment(0) | 日記 b_entry.gif

2019年10月21日

ボツシリーズ2

R0003348-Edit
ボツの理由、紙がなくなったから。
紙の枚数は数えていたはずなのに途中でなくなりおかしいなぁと思ったら、使っていない紙が印刷したものに混ざっていました。
前もって用紙は余裕を持って用意したいものです。
posted by gr-digital.net at 22:01 | Comment(0) | 日記 b_entry.gif

2019年10月17日

ボツシリーズ

R0003359-Edit
10年目で10回目となる7人展が今日から20日(日)まであります。
今回はモノクロの縦位置がほとんどですが、縦位置のカラーも混ぜようと最初考えていましたがやめました。
上の写真もその一つ。
ボツ理由は余っているA3の光沢紙を使おうと思ったらそんなものがなかったから。
アスファルトの隙間からブドウが生えていた撮ったもの。
たまたま生えてきたのか、ブドウの木の上を舗装したのか、アスファルトを引っ剥がして誰かが植えたのかわかりませんが立派なブドウがなっていました。
posted by gr-digital.net at 22:04 | Comment(0) | 日記 b_entry.gif

2019年10月08日

我プリントを作り始める

R0003580-Edit
重い腰を上げて私もようやくプリントを作り始めました。
最近は遠くを撮らないようにしているので遠くじゃない写真ばかりです。
カメラは9割程度がGR3になりそうです。
posted by gr-digital.net at 20:51 | Comment(0) | 日記 b_entry.gif

2019年09月25日

最近読んだ本

R0003435-Edit-2
最近、よく本を読んでいます。
同時に何冊か読むタイプなのであっちを読んだりこっちを読んだりで読み終わらない本もいくつか。

読み終わらない本の一つが中国SFの「三体」。
非常に評判がいいのですが、いまのところ私はそれほど。
作中に1988年製のライカM2というのがちょろっと出てくるのですが、製造年に何か意味があるのかと思いきや、読んだ範囲では特に意味はなさそうです。
もしかしてM2は1988年まで製造されていたのかと思って検索してみましたが、そんなことはありません。
作中の世界は1988年までM2の製造が続くようなものでもありません。
誤訳なのか、誤植なのか、続編で関係してくるのかわかりませんが、検索してもその辺の考察は見つかりません。
英語版では
The camera he had used was a 1988 Leica M2−entirely mechanical, which made it impossible for it to add a date stamp.
となっているようで、1988年製と訳せるように思えます。
出版社の校閲を通っているわけですから、最後まで読めば意味がわかるのでしょうか。
(作中では時代がいったりきたりするので、よく読めば1988年が重要なのかもしれません)

三体
三体
posted with amazlet at 19.09.25
劉 慈欣
早川書房
売り上げランキング: 145


最近読んだ中で面白かったのは「ニック・ランドと新反動主義 現代世界を覆う〈ダーク〉な思想」。
内容のほとんどは意味がわからないし、覚えていないのですが、めちゃくちゃおもしろい。
三体よりもこっちの方がSFっぽい感じがします。フィクションじゃないのに作り物っぽさがそう感じさせるのでしょうか。
何を持ってしてSFなのか問題、みたいなのがありますが、SF感は個人差が大きいので私がこちらの方がSFっぽいと感じても許されるはず。



あとはナイツ塙の「言い訳 関東芸人はなぜM−1で勝てないのか」も面白かったです。
M-1の漫才に関してああだこうだと論じている内容で、これを読んでから言及されたM-1のネタを見るとなるほどとなります。
お笑いに関するテクニカルな本は読んだことがなかったので、よけいに面白く感じたのかもしれません。
M-1はリアルタイムで見ていませんが、採点に賛否がある印象がありますが、各審査員が採点の理由を細かく語ったらそれだけで一つのコンテンツになりそうですが、野暮天でしょうか。

カレー関係と量子力学関係の本をいくつか読んで面白かったものがあるのですが、何が面白かったのか考えるのが面倒に。
posted by gr-digital.net at 21:30 | Comment(0) | 日記 b_entry.gif

2019年09月11日

ロバート・フランクとiPhoneのニュース

R0003355
ロバート・フランクが亡くなったそうです。
ニューヨーク・タイムズの追悼記事は詳しく書いてありました。
ロバート・フランクの写真は日本人にめちゃくちゃ影響を与えたと思いますが、現在のアメリカでロバート・フランクがどれほど影響しているのかわからなかったけれど、あれだけの記事になるのだからアメリカでも日本人並に影響を与えているのでしょう。
朝起きて色々みていたらロバート・フランクの事を知りましたが、やはり朝起きて新しいiPhoneの事も知りました。
新しいiPhoneには『ハイキー照明(モノ)』というのがあるそうで、これがアヴェドンみたいなのです。
in the american westみたいな写真は簡単に撮れそうで難しかったのに、簡単に撮れるなら、加工出来るなら、それっぽく見えるなら、写真ってなんなんだろうって思っちゃいます。
posted by gr-digital.net at 22:50 | Comment(0) | 日記 b_entry.gif

2019年09月07日

残暑は語ることなし

R0003455-Edit
お盆明けくらいから涼しくなって、夏もあっという間に終わって寂しいなぁなんて思ったりもしましたが、またアホみたいな暑さが戻ると、寂しいくらいがちょうどいいんだと痛感しました。
posted by gr-digital.net at 20:51 | Comment(0) | 日記 b_entry.gif

2019年09月05日

仲木戸駅と神奈川新町駅

R0003386-Edit
神奈川新町ってどのへんだったかなと思って検索すると隣が仲木戸。仲木戸ってどこかと思ったらJRだと東神奈川のところ。
仲木戸駅の近くにおーくら家という家系のラーメン屋があって、そこは時々行きました。
シーズン中はラジオから野球中継が流れ、タクシーが路駐して食べに来るようなお店で、そんな雰囲気も好きでした。
検索すると今でもやっているようです。
でも仲木戸駅の名前はすっかり忘れていました。
子安から横浜駅あたりはよく歩いて写真も撮りました。地図を見るとここであんなの撮ったなぁとか覚えているのに駅名は全然覚えていないようです。
posted by gr-digital.net at 19:00 | Comment(0) | 日記 b_entry.gif

2019年08月11日

夜になってもセミが鳴いている

R0003102-Edit
夜、暗くなってからもセミが鳴いています。
気候変動により暑くなったせいでセミは夜も鳴くようになったという話もありますが、明け方にセミが鳴いている印象がありません。
明け方だって昔より暑くなっていると思うので、気温だけなら明け方も鳴いてもいいような気がします。
ということは、セミは夜型になったのでは?
そもそも、セミは夜目が効くのでしょうか?
鳴くだけで飛ばなければ見えなくてもいいような気もしますが、それでは鳴く意味がなさそうな気もします。
明け方セミが鳴いていないというのは単に寝ぼけて気が付かないだけなのかもしれませんが、セミはいつ寝るのか。
セミは成虫になってから一週間ではなく一ヶ月くらいは生きているそうで、一週間ならともかく一ヶ月間寝ないわけにもいかないと思いますが、ちゃんと寝ているのでしょうか。
気候変動により人間よりもずっと小さいセミはより大きな影響を受けるのかもしれません。ならばセミよりもずっと小さい蚊はそろそろ絶滅してもいい頃合いだと思いますが、相変わらず今日も何箇所も刺されました。
posted by gr-digital.net at 22:00 | Comment(0) | 日記 b_entry.gif

2019年08月05日

暑い夏の紫外線

R0002951-Edit
一ヶ月前の冷夏になるとはなんだったのかという暑さですが、海水温などの観測データ的には今でも冷夏になるはずのものなのでしょうか。
気になるので調べたいのですが、私には全くその知識がないので調べようにも調べられません。
気温はともかく、今年はやたらと日に焼ける気がして気象庁の紫外線に関するデータを見ると、やはり紫外線量は多いようです。
紫外線はある程度の周期で多くなったり少なくなったりを繰り返すようで、去年か今年あたりがそのピークっぽいので日に焼けるのもなんとなく納得しました。
といっても、今年は去年と同程度なので来年以降にならないとピークかどうかわかりませんが。
posted by gr-digital.net at 20:11 | Comment(0) | 日記 b_entry.gif

2019年07月23日

シグマのフルサイズ

R0002754-Edit

シグマのフルサイズミラーレスで不思議なのがメカシャッターがないのに、クリップオンストロボをつけるアクセサリーが用意されているらしいところ。
電子シャッターでストロボのシンクロ可能なシャッタースピードはオリンパスのE-M1 Mark IIですら1/15秒くらいだった気がします。
普通に考えたらシグマのやつはさらに遅くなると思うのですが、そこまでしてそのボディを使う意味があるのかなぁと。
拡張してフラッシュも使えますみたいなアピールはどうなのかなぁと思いますが、もしかしたら秘策でもあるのでしょうか?
posted by gr-digital.net at 22:04 | Comment(0) | 日記 b_entry.gif

2019年07月21日

投票は面倒

R0002831-Edit

色々とあるものだから朝から投票に行って、着いたのが6時59分頃でした。
当然入れないのはいいのですが、最初の投票箱の空の確認やらなんやら済むまで他の人は入れないのですね。知りませんでした。
最初がおじいちゃんで、結局5分くらい待ってようやく終わりました。
7時前に行ったのは初めてだったので時間がかかるものと知らず、面倒だなとはじめて思ってしまいました。
posted by gr-digital.net at 21:08 | Comment(0) | 日記 b_entry.gif

2019年06月26日

ニューフェイス診断みたいなやつ

R0002441-Edit
もう一週間も前になりますが、日本カメラのニューフェイス診断室みたいな記事でGR3が取り上げられていました。
なるほど、というところもありましたが、GR2とGR3で色を揃えているみたいな事をリコーイメージングが答えていましたが、それほど揃っていないような気が。
GRとGR2も違うのですが、その差よりは小さい気がするので揃っているのかもしれません。
あとは逆光に強くなったことが書かれていましたが、コーティングは変わっていないみたいな返事だったような気がしますが、それが意外でした。
レンズが同じGRとGR2でも逆光時の描写が違うので、コーティングの差なのかなぁと思っていました。
GR3が気になっている方には興味深い内容ではないかと思います。

日本カメラ 2019年 07 月号 [雑誌]

日本カメラ社 (2019-06-20)

posted by gr-digital.net at 22:09 | Comment(0) | 日記 b_entry.gif

2019年06月05日

タピオカ=ラーメン説

R0002449-Edit

タピオカってカップにタピオカ入れて飲み物を注いで出来上がり、でチャチャッと作れるだろうになぜ行列が?と思っていたのですが違うようです。
行列の出来るお店はタピオカを茹でているそうです。
茹でる時間が必要だから行列が捌けないとか。
タピオカ=ラーメン説がますます真実味を帯びてきます。

posted by gr-digital.net at 21:15 | Comment(0) | 日記 b_entry.gif

2019年06月01日

タピオカ

R0002340-Edit
気がついたら、そこらじゅうにタピオカ屋があります。
近所のジジババしかいないようなスーパーの駐車場にも移動販売のタピオカ屋が来るくらいです。
しかも、どこも並んでいます。
ここまでくると、タピオカじゃない飲食店は何を売っているのだろう?と思うくらいタピオカばっかり。
タピオカにあらずば人にあらず、くらいの勢いで驚きます。
posted by gr-digital.net at 21:49 | Comment(0) | 日記 b_entry.gif

2019年05月28日

四半世紀前のCD

R0002195-Edit

CDは保存性がよくない、なんて話しがありますが私の手持ちの四半世紀前のCDは普通に再生できます。
それどころか、比較的新しいCDよりも古いものの方が音がいい気がするくらいです。
音については気のせいとか、思い込みのようなものだと思いますが、もしかしたら若い時に聴いたものは経年劣化していない耳で聴いた当時の記憶で補完しているのかなぁとも思ったり。
CDについてはともかく、思い出補正の存在は認めるべきでしょう。
写真に関しては、古いもの・昔っぽく撮るとなんとなくいい写真に見えるような気がしますが、これも思い出補正の一種でしょうか。
posted by gr-digital.net at 19:07 | Comment(0) | 日記 b_entry.gif

2019年05月25日

Flickrが重い

R0002305

Flickrの長いメンテが開けましたが、重い。
TwitterとかInstagramとか儲かっているのかわかりませんが、少なくともFlickrは全然儲かっていないんでしょう。
以前よりPROアカウントが増えたような気がするのに、厳しくなるのだから相当なんだと思います。
となると、Flickr以外を考えないといけないのですが、Flickrでダメなら似たようなことをしてもダメになっちゃうような気がするのですが、どうなんでしょう。
写真をネットに上げておけばいつでも見ることが出来る、なんて考えていましたが将来は怪しいのかもしれません。
かといって、紙のプリントを一日一枚作ったら重いし場所を取るし。
とりあえずは外付けハードディスクが頼みの綱ですが、壊れる時は壊れるし。
残したい写真は厳選して複数の手段で残すか、きっぱりと諦めるか。
posted by gr-digital.net at 21:19 | Comment(0) | 日記 b_entry.gif

2019年05月14日

撮影はどこまで自動化出来るのか

R0001993-Edit-2
カメラの歴史を振り返ると、AEが当たり前になりAFが当たり前になり撮影の自動化が進みましたが、その後は停滞しているように思えます。
大きな音にあわせてシャッターを切るというカメラ(コニカのKANPAI)はありましたが、そういうのが得意そうなスマホにはそんな機能がなさそうなので案外不便なのかもしれません(乾杯に限らず、盛り上がるタイミングで複数のカメラなりスマホを同期させて撮影したら面白いと思うのですが、RX0あたりは出来ないものでしょうか)。
他にも顔認識を応用して笑顔になるとシャッターが切れるというやつもありますが、普及しているのでしょうか?
そういった自動で撮影してくれるカメラには需要がありそうな気がするのに、目立っていないというのは需要がないのかもしれません。
つまり、誰かが任意のタイミングでシャッターを切って撮影する今のやり方は今後も続くのでしょう。
モノではなくコトを売れ、みたいなのがありますが、撮影はシャッターを切る瞬間がコトなのかもしれません。
なんでもない場所で自撮りをしているのは、撮影した写真そのものよりも、撮影している瞬間に価値を見いだされているのかもしれません。
自撮りをしないおっさんの想像ですが。
posted by gr-digital.net at 20:54 | Comment(0) | 日記 b_entry.gif

2019年05月10日

135mm単焦点レンズ

R0001999-Edit
最新のスマホには三つカメラが付いていて、一つは超広角でもう一つが普通の広角、さらにもう一つ135mmというものがあるそうです。
最近のスマホは換算26mmくらいが多いそうで、それに加えて望遠よりのものが欲しいとした時に135mmを選ぶのは面白いなぁと。
レンズ交換式のカメラで単焦点レンズを二本持ちだす、ただし一本は24mmから28mm、そんな条件で二本目にどんな焦点距離を選ぶでしょうか。
カメラ好きは85mmを神聖視しているので、間違いなく85mmが一番人気になるでしょう。
85mmと一番人気を争うとしたら50mmでしょう。
そんな風に考えると135mmが付いているのは不思議な気がしますが、倍率高めのズームレンズの両端で135mmと思うと不思議というほどでもありません。
ところで、最近の単焦点レンズは大きくて重くて高い!
そんなレンズを使う物好きは、どうしたって限られます。
ならば135mmを好んで使う人はカメラ専用機ではなくスマホを選ぶ未来があるのかもしれない、なんて少し考えてしまいました。
レンズが大きく重くなるほどデジカメ市場は縮小するのではないかと思うのですが、そういったレンズが増えていることを考えるとそうではないのでしょう。
これも不思議です。
posted by gr-digital.net at 22:53 | Comment(0) | 日記 b_entry.gif